【大学受験】独学の倫理政経のおすすめ参考書ランキング11選を徹底解説!

【大学受験】独学の倫理政経のおすすめ参考書ランキング11選を徹底解説!
次へ
次へ

こんにちは!大学受験コーチング「スタディチェーン」、英検コーチング塾「英検コーチ」、TOEICコーチング塾「TOEICコーチ」の3つの塾長を努めております竹本と申します!

-

主に大学受験に向けて頑張る受験生、高校生の方と英検やTOEICなどの資格取得に向けて努力する社会人の方へ独学に役立つ勉強法や勉強計画やおすすめの参考書について最短合格をテーマに紹介しています!

-

①英検については英検の勉強法,計画,受験戦略やおすすめの参考書について英検1級、準一級、2級をメインに発信しています!

②大学受験については大学ごとの特徴やレベル別の勉強法など誰にも役立つような勉強の情報を発信しています!

③TOEICについては短期間でのスコア急成長をテーマに勉強法やおすすめの参考書の使い方を発信しています!

-

倫理政経は共通テストの中でも高得点を狙いやすい教科の一つです。そこでスタディチェーンがおすすめする倫理政経の一問一答を含めた倫理政経の参考書ランキング4選、参考書ルートと2chなどでよく見る倫理政経の参考書の特徴と選び方について徹底解説していきます!

目次

倫理政経の参考書はいつから始めるべき?

倫理政経を共通テストのみ使う人の参考書の使い方

 共通テストでのみ倫理政経を使う場合は、あなたの志望校の科目数によって始めるタイミングは大きく変わります。一般的に国公立志望など5科目以上勉強する科目がある場合には、5月までには必ず始めるです。いずれにせよ短い期間・時間で一気に合格最低ラインまで仕上げて、他の科目で他の受験者に差を付けるのが得策です。

共通テストのみで倫理政経を使う人は参考書の使い方次第最短で二カ月で共通テストの点数を9割まで上げることが可能なので共通テストのみで倫理政経を勉強する人は参考書の使い方をここでマスターして満点をねらいましょう!

倫理政経以外の科目数が少ない場合の参考書の使い方

また私立など科目数が少ない場合には、遅くとも「高3の8月頃までに」学習を開始した方がよいとされています。ただし、暗記が苦手であったり、事前知識があまりなくて不安という方は5、6月から勉強を開始する必要があります。一度倫理政経の共通テストの過去問を解いてみてから、自分が苦手かどうか判断することをおすすめします。

私立大学で倫理政経を使う人の参考書の使い方

 私大の入試で倫理政経を利用する場合は、「高3夏前」までには学習を開始しましょう。
もちろん、共通テストから比べ私大の入試は難易度が上がります。また、各私立大学によって大学の色が出る独特な問われ方や問題構成である場合が多いです。そのため、自分の志望校の問題の出題形式をしっかり把握したうえで勉強する必要があります。

【倫理政経】倫理・政治経済の共通テストの内容

「倫理、政治・経済」では、大問6題構成で、大問1が青年期、現代思想について、大問2が東洋の源流思想と日本思想、大問3が西洋の源流思想と西洋思想、大問4からは政経分野となります。

「倫理、政治・経済」の問題は倫理の問題からピックアップしてきた、「倫理」と同じ問題です。「倫理、政治・経済」独自の問題は出ても小問1、2問で、まったく出ない年が多いです。

大学受験における倫理政経の参考書の使い方

政経には政治分野と経済分野の両方が含まれます。両分野をバランスよく勉強しないと、高得点を取ることは出来ません。

政治分野は得意だけど経済分野が少し苦手という方や、またはその逆という方も多くみられます。どちらかに点数が偏ってしまうというのはあまりよろしくないため、政治分野・経済分野の両方の勉強が大切になってきます。

倫理政経は参考書を使って単元別に勉強しよう

他の社会の科目と倫理・政治経済が大きく異なることは、各章ごとで単元が独立していることが挙げられます。そのため、世界史や日本史のように流れを理解する必要がないため自分の好きな単元から勉強できたりと勉強法の幅が広いです。

自分が受験生の時にやっていた勉強法としては、倫理政経の参考書と教科書を今週はこの単元とこの単元をやると決めて、一回2時間程度で何周もその単元をやるようにしていました。倫理政経の勉強法は一回の勉強で3つ程度の単元を完璧にするくらいの気持ちで何周もすることをおすすめすします。

倫理政経は教科書や参考書でも複数周こなす使い方が最適

いくつかある政治経済の勉強法の中でも推奨したいのが、1周目でどこが自分が苦手なのかを把握して、2周目から本格的に共通テストや2次試験で点数が取れるように分野を絞って取り組む勉強法です。

1週目 前から通しで一度勉強する

2周目以降 苦手分野を重点的につぶしていき、苦手なところの周辺も一緒に復習していくことで苦手ではない範囲は得意分野へとなります。

政治経済の独学での参考書の使い方のコツ

政治経済は絶対暗記の科目

政治経済という科目は暗記が成績アップのほぼすべてを握ります。そのため、演習の参考書を数多くこなすよりも、自分で決めた1冊のインプット用参考書を完璧にすることが重要です。そのため、勉強法の一番大切なPOINTはインプット用の参考書を1冊、アウトプット用の参考書を1冊それぞれを組み合わせながら勉強することが大切です。

今日取り組み政治経済の単元の範囲をインプット用の参考書でみて、それからアウトプットの参考書をやることで、一回の勉強で何周もその範囲が理解できるようになります。今回の記事の最後の方におすすめの参考書を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

政治経済の時事問題の勉強法

政経の時事問題の勉強法については、今年の出来事以外は最新の参考書で対策出来ます。

今年の出来事の対策としては、普段から欠かさずニュースを見ておくことが大切です。。

ニュースを見るのは、テレビ、新聞、ネットなど色々な媒体がありますがどの媒体を利用してもかまいません。ずっと、時事問題を追っている必要はないので、時々にでも時事の流れを把握しておいてください。

政治経済は計算問題が出る

政治経済の特徴として、社会科なのに計算問題が出ることが挙げられます。そのため、最低限の計算はこなせる必要があります。計算自体は簡単なため、実際に問題を解いて対策しておきましょう。

政治経済の計算問題の勉強のポイントとしては、試験に出る形式の計算問題はほぼ決まっているため、パターンごとにこのパターンの時はこの計算方法というように答えが合ってるかどうかではなく答えがでるまでのプロセスを重視した勉強をすることが一番良い勉強法になります。

【大学受験】共通テストにおける政治経済の特徴

大学受験における社会科目は単純暗記の科目がとても多いです。政治経済は少々の計算問題を除けば、文字通り単純暗記の科目です。

政治経済の共通テストの過去問の勉強法

まずは、共通テストの政治経済がどのようにあるのかを把握しましょう。

大問は4〜5問で、100点満点です。設問数はだいたい36問です。60分という試験時間を考えると、1問1問をじっくり考えて解く時間は十分にあります。自分で過去問を解く場合は40分程度で解いて丸つけや復習に時間をかけることをおすすめします。

政治経済は高得点者と低得点者の差がかなり大きい科目

政治経済は単純暗記で流れをつかむ必要がないため他の社会科目と比べ、簡単だと思われがちですが、センター政治経済の平均点の推移を見ると、60点を下回る年度がかなりあります。センター試験の他の地歴・公民の科目と比較しても、センター政治経済の平均点は低い傾向にあります。

大学受験における倫理の独学での勉強法

倫理を独学で勉強する上で大切なことは、正解かどうかではなくその正解に辿り着くまでのプロセスが正しかったかどうかです。また、基礎レベルをしっかりとインプットしてから、問題集や過去問を活用することが非常に大切です。その理由としては、理解できていない状態で過去問を解いても分かった気になったり、その問題だけできるようになる可能性が高いからです。

倫理の逆転合格できるおすすめの参考書ルートと勉強法

1倫理ノートに一単元ずつ答えを書き込む。
2「共通テスト試験への道」の対応する単元の問題を解く。
その際、重要なことは
「常識で考える消去法」
「不正解の選択肢についても説明する」
「問題集に答えを書き込まない」(コピーして使う、または2冊目を買う)
31~2を繰り返して全単元を終わらせたら、今度は必殺「赤下敷き」で
倫理ノートを復習します。
実際に書いてもいいし、頭の中で思い出すだけでもいいです。
4正答率100%になるまで「共通テストへの道」を解き続ける。
53~4も単元毎に繰り返す。

共通テストは廃止になりますが、共通テストの問題は良問ぞろいです。これを利用しない手立てはないでしょう。共通テストを受験する方はぜひ10〜15年分程度、共通テストの過去問を解くことをおすすめします。共通テストの過去問を活用した勉強法はそれぞれの単元の整理につながるため、自分の受験生の時にかなりやり込みました。

倫理を独学で志望校に逆転合格できる勉強法

倫理の読解問題では読み方を身につける

倫理の読解問題では、漠然と読んでも答えを出すことは出来ません。読解問題には必ずテーマがあります。仏教の思想が元になった文章や、西洋の思想が元になった文章など、倫理として習う内容が軸になっています。

そのため、文章の軸となった思想を考えることで、内容理解の問題を解くことが出来ます

「読み方」を身に着けるという意味では現代文の勉強と一緒になってきます。倫理ではどう勉強するかが大切になってきます。また読む必要のない部分などもあったりなどどういう解き方で受験本番の時に解くのか自分なりのやり方を確立させておくことも重要です。

 倫理の問題を解いた後は解説を読み込む

倫理の勉強法では、問題を解いた後に丸付けだけしても勉強をしている効果が薄くなってしまいます。

倫理の点数を伸ばすためには解説を読むことがとても大事になってきます。解説を読むことで、ますその問題の解法がわかります。さらに、間違いの選択肢が誰の思想を元にしてるかを知ることができ一つのことだけでなく知識を付けていくことができます。

【大学受験】共通テストの倫理の特徴

大学受験における社会科目は単純暗記の科目がとても多いです。しかし、倫理という科目は数多くある社会科目の中でも“暗記だけでは高得点を取れない”

そんな特殊な社会科目が倫理になります。

「倫理」は毎年大問4題構成で、大問1が青年期、現代社会について、大問2が東洋、西洋の源流思想、大問3が日本思想、大問4が西洋近代思想です。

共通テストにおける倫理には、受験生の暗記力だけではなく「読解力・論理的思考力」をじっくり問う意図が明確になっています。倫理の単元ごとの大問の文章全体を読んでから、趣旨に合致するものを選ばせる問題や、歴史や思想の変遷の図や表が示された資料を見て文章の正誤を答える問題などは、センター倫理独特の問題です。

しかし、これらは特に対策の必要はなく、落ち着いて取り組めば確実に正解を選び出せるようになっているので、問題形式に慣れてしまえば大丈夫です。独特な問題には「慣れ」が一番なので、過去問や予想問題集などを繰り返し解くことで慣れていきましょう。

大学受験コーチング「スタディチェーン

倫理政経のおすすめの参考書ルートを解説

これまで倫理や政治経済の特徴や勉強法を紹介してきましたが、これからはどういう風に受験本番まで勉強すべきなのか参考書ルートを解説していきたいと思います。

まず基礎レベルはインプット:アウトプット=7:3で徹底習得

基礎レベルを固める上でおすすめなのは、共通テストの倫理、政治経済の点数が面白いほど取れる本や学校の教科書でインプットをすすめながら、受験スイッチが入る倫理、政治経済の2冊を活用しながら勉強することをおすすめします。

基礎レベルの習得は高校の教科書や問題集で補えない部分は参考書を使うくらいの感覚が一番よいと思います。共通テストで6割を取れるのであれば、次に紹介する応用レベルから入っても大丈夫です。

応用レベルはインプット:アウトプット=5:5がおすすめの参考書ルート

応用レベルは共通テストで6割から9割まで伸ばしていくというイメージの上でおすすめの勉強法や参考書を紹介していきます。応用レベルをやっていく上で、まずは大学入学共通テスト 畠山のスッキリ解ける 倫理、政治・経済 完成問題集でどれだけこれまで自分がインプットできてきたのかどうか、自分の苦手な単元はどこかを把握するようにしてください。

その後、苦手分野をインプット用の参考書として共通テストの倫理、政治経済の点数が面白いほど取れる本を分野ごとに読み込むことをおすすめします。その後は、センター過去問と共通試験の過去問を合わせて15年分取り組んで、最終的に9割程度安定的に取れることを目指すという流れになります。

倫理・政経の参考書のおすすめの選び方

倫理政経の参考書はあまり多いとは言えませんが多くないからこそ自分にあった参考書を選ぶことが重要になってきます。

ですので倫理・政経におすすめの参考書の選び方のポイントを何点かまとめさせていただきました!まず倫理政経の参考書選びで大切なことは“時期”です。

倫理政経を始めたときの時期がとても重要になり始めた時期によって目指す点数であったり目標が変わってくるのは知っての通りだと思います。

倫理政経を受験期の夏前から始めるなら普通に勉強していれば間違いなく共通テストで9割もしくは満点をねらうことが可能です。しかし、受験まであまり時間のない秋や冬に始めるとなるとかなり急ピッチで進めなければいけなくなります。

時間がなくても共通テストで9割を取るための参考書の選び方は自分が読みやすいか、また内容が簡潔にまとめられているかこの二点がとても重要になります。簡単ではありませんが、参考書の中身をみてこの参考書ならすぐに終わらせることができるだろうと自分が感じた参考書を進めるのが良いと思います。

倫理・政経のおすすめの参考書ランキング11選

ここでは共通テストから二次試験まですべての観点からみておすすめの倫理・政経の参考書ランキング4選を紹介していきます。倫理・政経の参考書で悩んでいる受験生や高校生が入れば是非参考にしていただきたいです!

順位参考書名倫理・政経におすすめポイント
1位共通テストの倫理、政治経済の点数が面白いほど取れる本共通テストから難関大まで幅広く使える参考書で、時間がなくても最短一カ月で完成させることができるのでおすすめ
2位畠山のスッキリ解ける 倫理、政治・経済 完成問題集畠山先生の参考書で知識が混同しがちな倫理・政経でもしっかり正確な知識がつくの点でこの参考書はおすすめ
3位【共通テスト】倫理・政経の集中講義倫理・政経の共通テストに特化した参考書で問題も豊富に掲載されており共通テストまで一冊で追い込むならこの参考書がおすすめ
4位センター倫理政経の一問一答倫理政経の一問一答の参考書で難関大や私立の問題にも対応しているので共通テストの後の底上げの参考書におすすめ
5位共通テスト問題研究 倫理政治・経済・倫生共通テストの問題演習の倫理政経の参考書ならこの参考書がおすすめ
6位共通テスト実践演習 倫理、政治・経済使う人は分かれると思いますが、こちらも倫理政経の問題演習の参考書におすすめ
7位共通テスト攻略レビュー 倫理、政治・経済5位、6位と同様共通テストの倫理政経の問題演習の参考書におすすめ
8位中川の倫理、政治・経済教室中川の倫理政経教室は共通テストに向けて勉強し始めた受験生や高校生におすすめの参考書
9位倫理、政治・経済の面白いほど点数が取れる一問一答倫理政経の一問一答の参考書で悩んでいるならこの参考書がおすすめ
10位新・よく出る倫理、政治・経済の一問一答最新の情報を集めた倫理政経の一問一答の参考書で共通テストから私立の対策まで一冊で完結しようと思っている受験生におすすめ
11位倫理、政治・経済が一冊でよくわかる本倫理政経の内容が全く分からない受験生やこれから倫理政経を始めようと考えている高校生におすすめの参考書

共通テストから二次試験までのおすすめの倫理政経の参考書を紹介しましたが、その他にもおすすめの参考書はありますので是非参考程度に見ていただければ幸いです。

倫理・政治経済のおすすめ参考書

倫理、政治経済におすすめの参考書をインプット用とアウトプット用に分けて紹介しています。先ほどの倫理政治経済の参考書ルートの解説と合わせてどの参考書が自分に合うのか考えながら読むのをおすすめします。

倫理、政治経済におすすめのインプット用の参考書、問題集

共通テストの倫理、政治経済の点数が面白いほど取れる本

倫理、政治・経済の勉強をしたことが無い人でも共通試験で高得点を目指すための参考書です。そのため、学校の授業だけでは不安だという人やさっさとこれらの科目を終わらせたいという人向けの参考書となります。もし4月〜7月のうちに倫理政経の勉強法や勉強計画をどうしようと焦っている方は、こちらの倫理、政治経済の点数が面白いほど取れる本をおすすめします。

倫理、政治経済それぞれの単元ごとに各事項の説明記述が多く、かつ図にまとまっている等、理解しやすいつくりとなっています。また、重要事項は赤字、太字、ポイントとしてまとめ、としてまとめてあり見やすいつくりになっています。

非常におすすめの一冊です。

改訂第3版 センター試験 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本をAmazonでみる

大学入学共通テスト 畠山のスッキリわかる 倫理、政治・経済 完成講義

この倫理、政治・経済完成講義は、今年発売されたばかりの大学入学共通テストに対応している問題集でインプットに最適です。

共通テストの倫政対策はこの一冊で万全ともいえる代物で、下記に掲載してある完全問題集と合わせて使うのをおすすめします。

センター試験 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる一問一答

倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本の一問一答版がこちらの参考書です。

3段階で目標に応じた使い方ができ、過去の問題にもとづいた「肢別式」でスピーディーに知識を確認できる本書で、満点をねらえる知識が効率良く身につけることができます。 こちらは先ほどの倫理、政治経済の点数が面白いほど取れる本でもなかなか9割が取れなかったり、暗記が苦手な方におすすめの参考書になります。

アウトプット用の倫理政治経済の参考書

大学入学共通テスト 畠山のスッキリわかる 倫理、政治・経済 完成講義

大学入学共通テスト 畠山のスッキリ解ける 倫理、政治・経済 完成問題集

上記の参考書と同じくこの倫理、政治・経済完全問題集は、全範囲の総仕上げ的な問題集となっており、大学入学共通テストに対応している問題集でアウトプットに最適です。

どうしても倫理、政治・経済は情報量が膨大なため、参考書を読むのに手一杯で、問題演習まで手が回らないのが現状です。

この問題集では倫理、政治・経済合わせてテーマ別の28章を1章につき9~10問を掲載、グラフ・資料問題対策も万全、多くの出題予想資料を収録されており、「倫理」ではシンプルでわかりやすい解説がのっており、解答が出るまでのプロセスを理解することができます。

また、「政治・経済」では細かい解説が記載されており、計算問題なども含めて共通試験8、9割を確実に取りたい方のための参考書として適しています。

大学入学共通テスト 畠山のスッキリ解ける 倫理、政治・経済 完成問題集をAmazonでみる

最後に

ここで、「倫理」の点数を上げるための勉強法や参考書を紹介しましたが、「もっと効率的に最短で教科を習得したい」という方がいらっしゃいましたら、その方には勉強計画を立てて学習を進めることがおすすめです。

受験という大きな目標に向かって走るためには年間、月間、週間と大きな期間から今何を勉強するべきなのかという小さいところまで、しっかりと計画を立てることが必須です。

もし「今やっている勉強が後々何に繋がっているか確信が持てない・・・」

「モチベーションを持って勉強に取り組むことができていない・・・」

「来週何すればいいかはわかっているけど、来月何をしたら良いかわからない・・・」

という方がいたら、勉強計画を一緒に立ててくれるスタディチェーンがおすすめです。

詳しくは以下から志望校の先輩が無料相談による計画を立ててくれるので、ご覧になってみてください!

大学受験コーチング「スタディチェーン

他にも、倫理・政治経済の参考書やおすすめ勉強法が知りたい方へ!

倫理、政治経済で高得点取れる勉強法、おすすめ参考書を徹底解説

倫理、政治経済の中でおすすめの参考書をインプット、アウトプット教材を合わせて紹介しています。

共通試験の倫理で高得点を取れる勉強法、対策、レベル別参考書を紹介【大学受験】

倫理の共通試験に向けて9割、8割を目指している受験生の方で勉強法について悩んでいる方はこちらをおすすめします。ぜひ参考にしてみてください。

大学受験の倫理政治経済のセンター、共通試験で高得点を取る方法

https://blog-studychain.com/ethics-politics/

大学受験、社会科目の選び方とそれぞれの勉強法を解説

理系の大学受験 社会選択科目のおすすめは

【政治経済】大学受験向けの政経おすすめ参考書と問題集って?

大学受験ならスタディチェーン!おすすめ記事ランキングトップ4

関連記事

  1. 【後編】早慶に合格した先輩の合格体験記

  2. 【大学受験】倫理政経の勉強法や科目の特徴、参考書は?

  3. 独学で逆転合格できる化学基礎の勉強法を徹底解説!共通テストも定期テストにも【大学受験】

    化学基礎のおすすめの勉強法を徹底解説!共通テストも定期テストにも【大学受験】

次へ
  1. 英語長文におすすめの参考書ランキング15選を東大生が徹底解説!

    英語長文におすすめの参考書ランキング15選を東大生が徹底解説!

  2. 早稲田大学文化構想学部の入試傾向と対策、勉強法を徹底解説!

    早稲田大学文化構想学部の入試傾向と対策、科目別の勉強法を徹底解…

  3. 独学で逆転合格できる化学基礎の勉強法を徹底解説!共通テストも定期テストにも【大学受験】

    化学基礎のおすすめの勉強法を徹底解説!共通テストも定期テストに…

  4. 【大学受験】世界史の一問一答のおすすランキング7選を紹介!共通テスト対策にも!

    【大学受験】世界史の一問一答のおすすめランキング7選を東大生が解…

  5. 【大学受験】地理の独学で逆転合格できる勉強法を東大生が徹底解説!

    【大学受験】地理の独学で逆転合格できる勉強法を東大生が徹底解説!

  1. TOEIC初心者でも600・700・800点取れるTOEICの勉強法を徹底解説!【独学】

    TOEIC初心者でも600・700・800点取れる勉強法を徹底解説!【独学】

  2. 独学で逆転合格できる古文のおすすめ参考書ランキング23選を東大生が徹底解説!

    独学で逆転合格できる古文のおすすめ参考書ランキング23選を東大生…

  3. 半年で偏差値44上げた東大生が勉強計画の立て方を解説【大学受験】

    半年で偏差値44上げた東大生が独学の勉強計画の立て方を解説【大学…

  4. 英語のおすすめ参考書ランキングと参考書ルートを東大生が早慶などレベル別に解説!【大学受験】

    独学に英語のおすすめ参考書ランキングと参考書ルートを東大生が早…

  5. 【大学受験】おすすめの英文法の参考書を偏差値別に紹介

次へ
結果にコミットするから早慶合格率89%の実績
無料カウンセリング実施中!
結果にコミットするから早慶合格率89%の実績
今なら無料受験相談実施中!