共通テストの近代以降の文章って?古文の勉強は必要ない?

次へ
次へ

こんにちは!スタディチェーン塾長の竹本です!

スタディチェーンで受験指導をしていて、担当生徒は京都大学法学部,教育学部,慶應商 、早稲田政経 、北海道大教育、大阪大経済に合格しました!

 

早慶MARCH、旧帝大など難関大志望の受験生向けに勉強法,計画,受験戦略について発信しています!

センター試験利用入試での国語の範囲で「近代以降の文章」という指定があった場合は古典の点数は反映されません。ですので、「近代以降の文章」と指定をしている大学のみを受験する場合は古典の問題は解かずに試験時間すべてを現代文を解いて良いことになります。

大学受験によくある国語の近代以降の文章とは?

例えば、センター試験利用入試での国語の範囲として、「近代以降の文章」という指定があった場合は、古文、漢文の点数は評価されないこととなります。

ですので、「近代以降の文章」と指定をしている大学の受験だけを考えるのであれば、古文、漢文の問題は解かずにおき、国語の試験時間すべてを現代文を解くのにまわしてしまっても良いことになります。

そのため、センター試験利用入試で、必須科目:国語「近代以降の文章」のみと書かれていた場合は現代文の点数のみで合否が判断されるため、古文と漢文の点数は実際には必要のないこととなります。なので、近代以降の文章=国語の現代文ととらえていただいて構いません。

近代以降の文章、国語の勉強法

国語の近代以降の文章(現代文)の勉強において大切なのは、「読み方」と「知識」です。(漢字はまた別)

現代文という科目をほとんどの受験生が「そんなに勉強しなくていい」「現代文はセンス」という風に捉えています。「現代文なんて日本語だから、勉強する必要ない」と誤解してしまっています。

しかし、そう言った考え方は高校受験までの話であって、大学受験の現代文となると話は変わってきます。 現代文はきちんと勉強すれば安定して高得点が狙える科目です。

よく、現代文を感覚やセンスで解くものだと勘違いしている人がいます。だから現代文は点数が安定しない。そう考えて現代文に時間をかけない人が多いのです。

「現代文には正しい読み方が存在し、その通りに読むことが出来さえすれば得点することができる」という意識を現代文が苦手な学生は必ず持つようにしましょう。また他の受験生はあまりきちんと勉強してこないので、他とも差がつけやすい科目です。

多くの人がはまる落とし穴があります。それは「とりあえず問題集を買って解きまくる」という間違った勉強法です。 探せば探すほど、おすすめの現代文の問題集がたくさん出てきますが、それをとりあえず買って、とりあえず問題を解いておくというような勉強法をしていても点数は安定しません。

参考書を使って勉強するのは良いことですが、復習がおろそかになりがちです。あるいは解説が丁寧ではない参考書を選んでしまったせいで復習をしない場合があります。現代文はただ解きまくるだけではなく。一題解いたら徹底的に復習しましょう。

今から紹介する現代文の参考書は、ただ漠然と解くだけではなく、解説が詳しく記載されており正しい現代文の解き方も教えてくれます。参考書選びに困った場合は、以下の中から自分のレベルに合ったものを選ぶことをおすすめします。

国語(近代以降の文章)のおすすめ参考書

現代文の解法 読める!解ける!ルール36

<特徴>

現代文の解法 読める!解ける!ルール36は現代文を初めて学習する人向けの「読み方」がまとまった参考書です。
現代文を初めて学習する人向けの「読み方」がまとまった参考書で、正しい読み方が癖なく1冊(全4章)になっているのでとても勉強しやすい参考書となっています。

現代文キーワード読解

<特徴>

現代文キーワード読解は、いま、現代文の評論問題ができない子を救う最強の参考書となりうる参考書です。

また、評論文を読むことに対して、抵抗感がなくなります。

構成は右側に簡単な文章。その下に要約があり、左側のページには語句とその語句の説明が書かれている、という形になっています。

現代文読解基礎ドリル

<特徴>

現代文読解基礎ドリルは、

評論12章、小説2章の全14章で構成され、実際の入試問題から抜粋した文章が使用されれています。読み方、解き方を説明してから問題を解くと言うような形で進んでいき「論と例」「対比」を中心に現代文読解のポイントを示し短めの類題で反復することで読者に定着していくように作られています。

入試現代文のへのアクセス 基本編

<特徴>

入試現代文へのアクセスは、比較的簡単な問題が多いので基礎を定着させるのにぴったりの参考書です。

入試現代文へのアクセスは本文解説が詳しいので、ただ答えあわせをするのではなく、自分の読み方とのズレを確認して下さい。

漢字一問一答【完全版】

<特徴>入試頻出漢字を厳選して収録

漢字一問一答は、実際に入試に出題された問題から、特に頻出の漢字を厳選して収録されておりセンター試験形式問題にも完全対応しているため、センター試験対策で漢字の勉強がしたいという人にはこの参考書に取り組んでもらいたいです。

他にも、古文の参考書やおすすめ勉強法が知りたい方へ!

共通テストの近代以降の文章って?古文の勉強は必要ない?

⏬詳しくはこちら

【大学受験】東大生おすすめの古文勉強法、参考書を徹底解説

⏬詳しくはこちら

古文の大学受験で絶対に成績を上げるための効果的な勉強法(助詞、助動詞編)

⏬詳しくはこちら

大学受験本番や模試で結果を残せる古文の勉強法

⏬詳しくはこちら

【大学受験】現代文、古文、漢文それぞれの勉強法、勉強計画

⏬詳しくはこちら

【古文】早稲田生がおすすめする古文の参考書ランキング15選!

⏬詳しくはこちら

関連記事

  1. 共通テストの化学を独学で合格する勉強法とおすすめの参考書を東大生が徹底解説

  2. 世界史の論述の勉強法と書き方、おすすめの参考書を解説【大学受験】

  3. 東大生が英語の長文読解のおすすめ参考書を徹底解説

次へ
  1. 英検の難易度は変わった!?過去問の難易度と解き方を徹底解説!

  2. 英検3級に合格するには?勉強法とおすすめの参考書を徹底解説!

  3. 英検準2級のレベルはどれくらい?合格するための勉強法も解説!

  4. kamin

    英検2級に最短で合格する裏ワザや勉強法を徹底解説!

  5. 英検の各級の難易度はどれくらい?合格率や受験すべき級を解説!

  1. 大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説

    半年で偏差値44上げた東大生が独学の勉強計画の立て方を解説【大学…

  2. 独学に英語のおすすめ参考書ルートを東大生が早慶などレベル別に解…

  3. 【大学受験】おすすめの英文法の参考書を偏差値別に紹介

  4. 早稲田生・慶應生が紹介する早慶受験におすすめの英単語帳

  5. 浪人生も受験生も独学で逆転合格できる勉強計画、勉強法を解説【大…