【定期試験対策】定期テストで日本史満点を取る勉強法を解説!

次へ
次へ

こんにちは!大学受験コーチング「スタディチェーン」、英検コーチング塾「英検コーチ」、TOEICコーチング塾「TOEICコーチ」の3つの塾長を努めております竹本と申します!

-

主に大学受験に向けて頑張る受験生、高校生の方と英検やTOEICなどの資格取得に向けて努力する社会人の方へ独学に役立つ勉強法や勉強計画やおすすめの参考書について最短合格をテーマに紹介しています!

-

①英検については英検の勉強法,計画,受験戦略やおすすめの参考書について英検1級、準一級、2級をメインに発信しています!

②大学受験については大学ごとの特徴やレベル別の勉強法など誰にも役立つような勉強の情報を発信しています!

③TOEICについては短期間でのスコア急成長をテーマに勉強法やおすすめの参考書の使い方を発信しています!

-

定期テストの日本史で点数がなかなか取れない..そんな方に日本史で9割を取るための勉強法、おすすめ参考書を解説します。実際に定期テスト前からの勉強計画、勉強法や問題集の使い方だけではなく授業でのノートの使い方、ノートにまとめる方法を通して満点を目指す方法も解説します。

【定期テスト対策・日本史】定期テストで9割を取る勉強法

  • 「テスト範囲は広いし,覚えなきゃならない言葉はたくさん出てくるし…。」
  • 「テスト勉強の進め方がわからなくて不安です。」
  • 「日本史は興味持てないし全然進めることができない」

このような悩みを抱えている高校生も多いのではないでしょうか。そこで、今回は日本史の定期試験(定期テスト)で良い点数を取る方法をご紹介します。

日本史については、学校の定期テストの勉強で習得した知識がそのまま大学受験につながります。日本史は暗記科目だから苦手という人もここでがんばることで、テストでいい点数を取れるだけでなく、受験勉強でも優位に立てるという意識をもって取り組みましょう。

定期テストの日本史で高得点を狙うための勉強法

高校の授業では、授業スピードが速く、深い知識が求められます。そのため、自己流の勉強法だと定期テスト対策がうまくいかないこともあります。今回は、定期テストで高得点を取るために効果的な勉強法を紹介していきます。特に日本史の定期テストで9割を取る上で大切なのは勉強を始めるタイミングと使う日本史の教材をしっかりと絞ることです。

日本史の定期テスト勉強は2週間前に始めよう!

定期テスト対策を考える上で最も重要なのは、何よりもテスト勉強の時間を確保することです。定期テストで高得点を取る為に、一番良いスタート時期は最低でも2週間前から始めるのが効果的です。日本史の定期テスト対策としてやるべきことを考えると少なくとも2週間は必要です。

実際に日本史の中間テスト、期末テストで確実に高得点をとる成績のいい人の多くは、テスト勉強に2週間かけています。ただ部活動や課外活動などでそんなに定期テスト二週間前から時間が取れないという人もいるでしょう。そういう人は定期テスト勉強と部活動の期間が重なってしまうことになりますが、それをデメリットだと考えずより効率的な勉強法を追求しようと考えるのでは結果も変わってきます。

日本史の定期テストの勉強は3つの教材だけで十分!多くても4つ

日本史の定期テストの勉強は、学校のプリントと教科書と問題集さえあれば何とかなります。基本的に用語集や一問一答などは学校のプリントと教科書と問題集をやり切った後にやるのが効果的です。なぜなら日本史は1つ1つの事件や事項を詳細まで覚える必要があるため、しっかりと教材を絞って短期間でガッと頭にインプットすることが大切です。

定期テストの勉強を始める際に、範囲を確認して、いつまでのここからここまで覚えるなど範囲を区切ってその上で使う教材を決めた上で取り組むようにしましょう。

個人的におすすめの日本史の定期テストにおけるルートはまずは学校のプリントと教科書だけを読む。教科書はその定期テストの範囲を3〜4周読むイメージ。それから問題集を解いたり、図やイラストの部分は資料集を活用して確認することが大切です。

日本史の定期テストの一夜漬けでの覚え方は?

定期テストにおける日本史は、勉強すればするほど伸びます。日本史の定期テストの範囲が終わっていないのに寝てしまい定期テスト本番に挑むのはやめてください。その場合は少し頑張ってでも日本史は一夜漬けでも結果につながるので頑張るべきです。

定期テスト本番まで、どうしても勉強時間が足りなかったり、日本史が後回しになってしまった場合でも、日本史は特に勉強するようにしましょう。暗記というのは、日本史の用語やワードをみた回数分だけ記憶に残ります。

ただし、どれだけ時間がなくとも、最低3~4時間程度の睡眠はとって頂きたいです。そして、定期テスト当日の朝、徹底暗記・復習しましょう。日本史は暗記科目のため、直前まで勉強していたがテストに出るといったこともよくあるのです。

日本史の定期試験で高得点を取るための勉強法4つのポイント

日本史の定期テストに直結する情報をあらゆる角度から集める

今回のあなたの学校の日本史の定期テストに出題される可能性が高い問題や用語を学校の先生の発言などをメモして必死に集めましょう。定期テストについてなにも知らなければ、高得点を取る為にどこをどれくらい勉強すればいいか、どこが出題されるのかなど勉強における具体的な部分がわからないですよね。

そこで定期テストに関する情報収集をすると、定期テストで9割を取る為にやるべきことが明確になります

「ここを今回の中間テストで出す」と日本史の先生が言っていたら、そこは絶対にやるべきです。また、逆の場合も同じで今回の中間テストではここはあまり出題しないと言っていたならそこまで重点的にやる必要はないでしょう。

定期テストに頻出の日本史の教科書の太字は必ずチェック

定期テストは6割取るための勉強と9割取るための勉強は違うということを認識する必要があります。ただし、9割取る為には定期テストの一週間前までには6割取れる状態になっておく必要があります。そのため、日本史の定期テストの一週間前までに教科書で太字になっているところは,長い日本の歴史の中でも重要な役割を持つ用語でもあるので、しっかりと覚えるようにしましょう。

日本史の事件名や人名,地名など,テストでも問われやすい事項なので、定期テストのこの際に確実に押さえておきましょう。

日本史はがむしゃらに暗記よりも、大きな流れを確認しよう!

日本史は教科書も分厚く学ぶ内容がぎっしりです。当然定期テストの範囲も広くなり,年号や人名を片っ端から暗記していったのでは,とても頭に入りきりません。

日本史の細かい知識をいきなり暗記するのではなく、まずは“どんな原因でその事件が起きたか,その結果どうなったか”という大きな流れを掴みましょう。それから日本史の教科書やノートやプリントや資料集を使って、流れをもっと細かく繋げていくような形で勉強しましょう。

9割とるには資料集やプリントの細部まで目を通しておくこと

日本史は浅く広くの勉強法が求められる世界史とは異なり、より狭く深く勉強することが求められる科目でもあります。そのため、日本史の定期テストにおいては後回しになってしまいがちな資料集や教科書、授業中に配られたプリントなどの細かいところからも出題されることが比較的多いです。

ここでは完璧に覚えろとまではいきませんが、しっかりと目を通し、ある程度は覚えておく必要があります。

日本史の文化史は定期テストで9割を取るためには勉強法を知っておくことは大切です。もし定期テストで高得点を取りたい方は是非参考にしてみてください。

定期テストの勉強効率は一問一答とノートの作り方でさらにUP

日本史の定期テスト勉強を受験勉強を兼ねて勉強する、というやり方も紹介します。ただ、定期テスト範囲を一時的に暗記するだけでは受験勉強においてはほとんど意味がないですよね。そうならないように日本史の一問一答などその後も受験勉強でも使う教材で定期テストの勉強ができると受験にそのまま直結するような勉強ができるため一石二鳥です。

日本史の一問一答は覚えてない用語をどんどん絞るのが重要

日本史の一問一答は、頻繁に問われる問題ばかり集められているので、重要なポイントを効率的に復習することができます。実際に日本史の一問一答を使って定期テストの勉強をしたい高校生はこちらの記事を参考にしてみてください。

定期テストの日本史は復習ノートの作り方がとても大事

定期テストで日本史で9割以上を取りたいのであれば、短い期間に超効率的に勉強をする必要があります。そのため、すでに覚えた部分を何回も何回も読むなどやるのは極力避けたいです。そんな時に大活躍するのが日本史の復習ノートです。復習ノートとは、何回やっても覚えづらい日本史の用語や日本史の時代の流れなどをとにかくまとめるノートです。

自分は手のひらサイズのノートにとにかく定期テストの範囲の日本史の分からない箇所などをとにかく書いてまとめることで、常に定期テストの日本史で9割取れるようにしていました。

日本史の定期テストについてまとめ

今回は日本史の定期テストで満点を取るための勉強法について紹介しました。要約すると定期テストの日本史はまず最低でも二週間前から勉強を始めて、一週間前までに本番で6割は取れる状態にする。

つまり、教科書の太字レベルは一週間前までに覚えている状態にしてから、資料集や問題集などでより細かい部分まで演習や復習を通して目指すのが日本史の定期テストで9割以上取るための勉強法です。

もし日本史の定期テストの勉強法以外の他の教科の勉強法が知りたいという方や今回の定期テストが終わったら受験勉強をそろそろスタートさせたいと思っている人は、独学でも早慶、旧帝大などに逆転合格できるオンラインの勉強計画を立ててくれるコーチング塾「スタディチェーン」がおすすめです。

もし興味ある方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. 勉強計画の管理、作成におすすめの無料アプリ6選!【大学受験】

    勉強計画の管理、作成におすすめの無料アプリ6選!【大学受験】

  2. 【古文】独学で古文の偏差値を上げる勉強法を徹底解説!

  3. 【定期試験対策】定期テストで世界史9割を取る勉強法を解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

次へ
  1. TOEIC初心者でも600・700・800点取れる勉強法を徹底解説!【独学】

  2. 【大学受験】東大生がおすすめする最強の数学の参考書20選!

  3. 英検2級におすすめの 参考書ランキング24選を 紹介!

    英検2級におすすめの参考書ランキング24選を徹底解説!【英検2級対…

  4. 英検準一級の超効率的な勉強法とスケジュールを徹底解説!

    英検準一級の超効率的な勉強法とスケジュールを徹底解説!

  5. おすすめの英検対策の塾10選!選び方と料金相場は?

  1. TOEIC初心者でも600・700・800点取れる勉強法を徹底解説!【独学】

  2. 独学で逆転合格できる古文のおすすめ参考書ランキング23選を東大生が徹底解説!

    独学で逆転合格できる古文のおすすめ参考書ランキング23選を東大生…

  3. 大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説

    半年で偏差値44上げた東大生が独学の勉強計画の立て方を解説【大学…

  4. 独学に英語のおすすめ参考書ルートを東大生が早慶などレベル別に解…

  5. 【大学受験】おすすめの英文法の参考書を偏差値別に紹介

次へ
結果にコミットするから早慶合格率89%の実績
無料カウンセリング実施中!
結果にコミットするから早慶合格率89%の実績
今なら無料受験相談実施中!