【現代文】逆転合格できるおすすめの参考書を紹介!

次へ
次へ

こんにちは!偏差値35から阪大早慶に逆転合格したペンギンです!

スタディチェーンで受験指導をしていて、担当生徒は京都大学法学部,教育学部,慶應商 、早稲田政経 、北海道大教育、大阪大経済に合格しました!

 

早慶、旧帝大など難関大志望の受験生向けに勉強法,計画,受験戦略について発信!

大学受験の現代文において成績が上がる勉強法、勉強計画、おすすめの参考書を徹底解説。キーワードから文章読解まで基礎レベルからしっかりと実力をあげるために必要な参考書を紹介します。難関大志望で高得点を現代文で取りたい方やセンター試験、共通試験の現代文の成績をあげたい方はぜひ参考にしてみてください。

現代文キーワード読解の使い方【国語:最強参考書の一冊】

大学受験に必須な国語の語彙勉強の方法

現代文における語彙とは?

勉強計画と並行してすべき効率的な勉強法
勉強計画と並行してすべき効率的な勉強法

現代文の勉強において大切なのは、「読み方」「知識」とさきほど述べました。

現代文で点数をUPさせるためには、「知識」の勉強の中に内包されている語彙の勉強が必要になってきます。

たとえ読解力を身につけて文構造や流れを正確に把握することができるようになったとしても、その中に使われている語句やキーワードの意味が分からないと問題を解くことができません。

そのために、現代文という科目は語彙の勉強が必須となってきます。

そしてその語彙は大まかに、漢字キーワード二つに分類できます

現代文キーワード読解とは?

現代文キーワード読解は、いま、現代文の評論問題ができない子を救う最強の参考書となりうる参考書です。

また、評論文を読むことに対して、抵抗感がなくなります。

構成は右側に簡単な文章。その下に要約があり、左側のページには語句とその語句の説明が書かれている、という形になっています。

内容紹介

現代文の頻出キーワードをテーマ別に解説

現代文頻出キーワードを160語を精選し、科学・哲学・近代などのテーマ別に解説。図解やイラストで抽象的な語も視覚的に理解できます。

読解力に結びつくキーワード学習

入試に出題された文章を例文としているので、文脈把握に役立つキーワード知識を実戦的に身につけることができます。

充実のテーマ解説

入試頻出のテーマについて、その内容とともに「なぜ問われるのか」「どのように読解に生かすのか」も解説しているので、各テーマについて深い理解が可能になります。

小説に登場する重要語も掲載

小説の中によく登場する語・センター試験の語彙問題として問われそうなもの・意味を誤用しやすいものなど、50語を厳選。作品を用いて、文章中での使われ方を確認しながら語を学ぶことができます。

現代文キーワード読解の目的

現代文、特に評論文の読解には頻出のキーワードを押さえておく必要があります。

正しい読み方を勉強することも非常に大切な事ですが、文章そのものが難しい場合、論理的な読解が出来るだけでは、文章の内容は理解できません。

難しい文章を読み解くためには知識が必要です。

現代文の読み方がわかってきた、ただ中々点数に繋がっていないという人に、背景知識・キーワードをプラスすることで評論文の大幅な点数アップが見込まれます。

例えば「イデオロギー」という単語や、「アイロニー」といった単語の意味を詳しく理解できていますか?

評論文というのは、小説のように筆者→読者に読ませるために作られた文章ではありません。

筆者が学者であったり、哲学者だったりします。学者などが「環境問題」や「宗教」「近代」といったものについて書いた論文から抜粋され問題が作られる、といったことも非常に多く、専門用語が散見される場合がとても多いです。

例えば、Twitterでいうと、リムる、フォロバする、ツイートするなどの専門用語がありますがこれらは、知っていないと意味が分からない単語ですよね。Twitterになじみがない人には意味が分かりません。Twitterをやっているから、知っているから、背景知識があるからわかるのです。

現代文の評論文というのは、その文章のテーマに精通した人にしか読まれない前提になっている場合が多く、その文章の一部を抜粋したもので問題が作られているといえます。

つまり、文章は普通の学生が聞いたこともないような専門用語ばかりです。そもそも学生に読まれるように作った文章ではないので当然ともいえます。

ただ、現代文キーワード読解では、現代文頻出キーワードを160語を精選し、科学・哲学・近代などのテーマ別に解説されているので評論文にでてくる難しい単語を点数に繋がる最短のかたちで学ぶことができます。

現代文の読み方がわかってきた、ただ中々点数に繋がっていないという人に、おすすめしたい参考書なので一番初めに取り組むのではなく、現代文の解法 読める!解ける!ルール36などの参考書でルールや読み方を学んだうえで使うようにしましょう。

現代文の勉強として、最初にこの現代文キーワード読解から取り組んでしまうと全く点数に繋がらないので注意が必要です。

現代文キーワード読解の使い方

1.まず左ページでキーワードの意味を確認する。
2.右ページのキーワードが使われている文章を読む。
文章を読むとき、下にある読解ポイントと、要約は見てはいけない。
3.文章を読み終えたら、自分なりにその文章の内容を掴めたかを考える。
具体的には「読解ポイント」を見て、自分の読み方が正しかったのかを確認する。
正しければ問題なし、正しく理解できていなければ、どう読めばよかったのかを分析する。
4.最後に自分の頭の中でその文章を要約してみて、読解ポイントの横にある「要約」と見比べて、これもまた正しくようやくできたかどうか分析する。
※これを繰り返せば現代文の力が飛躍的に上がります。

[現代文キーワード読解使用上の注意]

習熟の目安:約3か月

ただし、入試本番までずっと忘れないように反復し続けなければならない参考書の一冊

使用上の注意:背景知識と要約力を鍛える参考書になっています。

この参考書では各テーマの背景知識とそのテーマで頻出のキーワードが学べます。第1部と第2部に分かれており、第1部ではテーマごとに頻出のキーワードを具体的な評論文を使いながら理解できます。第2部は入試頻出のテーマの概要が書かれています。

さらに第1部の文章には図解と要約例がついているので、今まで学んだ読解法を実践しながら、要約の練習ができるという非常に学習効果の高い参考書です。

現代文キーワード読解をAmazonでみる

こんにちは、スタディチェーンです。

今回は、

「きめる!センター!現代文の使い方を知りたい」

「きめる!センター!現代文ってどんな参考書?」

「実際のところ、レベルやボリュームはどうなんだろう…」

といった疑問に答えていきます。

きめる!センター現代文の使い方【国語:共通試験対策に最適】

[きめる!センター現代文の特徴]

『決める!センター現代文』はその名前の通りセンター現代文に特化した参考書です。

センター試験に対して直接点に結び付けるための設問に対するアプローチや文章の目の付け所、といったところがわかりやすく丁寧に説明されている参考書となっています。

センター試験現代文で直接点に結び付けられるコツも多く述べられています。

内容紹介

センター試験現代文を研究し続ける著者がその「本質」と、高得点獲得のための戦略を明らかにします。過去問11題を解きながら、「評論」と「小説」のそれぞれの読み方と解き方を身につけていきます。過去のセンター試験の漢字・語句問題をまとめた別冊つきです。

ちょっと前のセンターなら、「小説が得意だから速く解く」とか「漢文を15分以内で終わらせる」とか、そういうことができた。だから「その分を、評論を解く時間に回そう」とかいう工夫ができたんですね。でも今は、事実上それは厳しい。先にも言ったように、小説も長文化している、古文や漢文だって難しいことが多い。その上、評論も受験生にとってはなかなかの難問です。

引用:決める!センター現代文

第1部と第2部に分かれていて、第1部が評論第2部が小説となっています。

①センター現代文ってこんなもの

②第1部評論分析編

③第2部小説分析編

大雑把に分けるとこうなります。

現代文がなかなか解けない、点が取れずに苦手意識があるという人も、この1冊で解き方を習得すればあらゆる入試問題に対応できるようになります。

また、解き方が異なる物語文と評論文どちらのパターンの問題も解説されているので、片方できるけど片方は苦手という人にもおすすめです。

[きめる!センター現代文の使用目的]

きめる!センター現代文は、センターの秘訣→例題という構成になっており、インプットした読解法をその場で試すことができます

そんな現代文の問題で 正解を導き出すまでの考え方がかなり詳しく解説されているので、現代文が苦手な人でも取り組みやすい問題集です。

現代文は文章の読み方がわからなかったり、どうやって解いたらいいのかがつかみにくい科目なので、参考書で独学するのは無理なんじゃないかな?と思ってしまう人も多いですが、そんなことはありません。

きめる!センター現代文には、どんな文章が来たらどこに着目すればよいか?であったり、この文章が来たらここを見れば解けるといった正解にたどり着くまでのプロセスが詳しく解説されているので、迷うことなく点がとれるようになります。

[きめる!センター現代文の勉強法]

第1部 評論

第1部 第1章 「時短の技巧」

文字通り、時間短縮のための勉強法術です。

第1部 第2章 「解」の技巧

センター試験現代文の答えを導き出すやり方を学びます。

第1部 第3章 評論攻略の全体イメージ

「読む」と「解く」の両方のアプローチをセンター現代文で最も大切な「設問を解くタイミング」を学んでいきます。

第2部 小説

第2部 第1章「心情把握問題」の攻略

センター現代文の小説において頻出である「心情把握問題」について学んでいきます。

第2部 第2章 小説問題攻略の全体的イメージ

評論と同じように「読む」と「解く」の両方のアプローチをセンター現代文で最も大切な「設問を解くタイミング」を学んでいきます。

第2部 第3章「解」の技巧

センター試験現代文の受験生が苦しむ、センター小説の解き方を確認していきます。

[きめる!センター現代文 使用上の注意]

習熟期間:6~8週間

使用法の注意:この参考書はセンター試験の現代文で直接点に結び付けることのできる参考書となっています。そのため繰り返し使うことになるでしょう。

繰り返し解くときに答えを暗記しないようするのが大切です。一度解いて正解がどれかわかってしまっていても、かならず「なぜそれが正解になるのか?」の根拠を考えるようにしてください。最初のうちは解説に書かれている解き方のポイントを真似する形で大丈夫です。

それから徐々に、正解を導き出すプロセスや解答の根拠を自分の言葉で説明できるようにしていきましょう。

きめる!センター現代文のAmazonリンクはこちら

現代文の解法 読める!解ける!ルール36の使い方【国語:参考書】

[現代文の解法 読める!解ける!ルール36]

現代文の解法 読める!解ける!ルール36は現代文を初めて学習する人向けの「読み方」がまとまった参考書です。
現代文を初めて学習する人向けの「読み方」がまとまった参考書で、正しい読み方が癖なく1冊(全4章)になっているのでとても勉強しやすい参考書となっています。
とにかくまずはこの参考書に書かれてある読み方を初見の文章に対して試していく事が大切です。

内容紹介

「ルール」で身につく「読み方」

現代文に必要な「読み方」を「ルール」とともに紹介。全36の「ルール」で読解法を効率よく身につけます。

短い文章→長い文章へ、段階的に挑戦

各項目ごとに、「1問1答形式」の問題で、ルールの定着を確認。最終章では長めの文章を使用したトレーニングに挑戦。1冊の中で確実にステップアップすることができます。

評論・小説の両方に対応

評論9つ、小説3つの着眼点で、読解の基礎を完璧にしましょう。

すきま時間の学習に最適

掲載している問題の解答時間は、3~10分が目安。いつも持ち歩いて、少しずつ取り組んでください

現代文の解法 読める!解ける!ルール36の目的]

現代文という科目は感覚やセンスで解くものだと勘違いしている人が多く、現代文を勉強しないために試験や模試では、内容のテーマによって点数が上がったり下がったり、なんとなくで答えを決めてしまったりしてしまう受験生が多いです。

そうなってしまう理由の一つに「現代文なんて日本語だから、なんとなくでできる」と考えてしまっている場合があります。

しかし、「現代文には正しい読み方が存在し、その通りに読むことが出来さえすれば得点することができる」のです。

この現代文の解法 読める!解ける!ルール36の使用目的は、現代文の正しい『読み方』を学ぶことにあります。

現代文の読み方がわかってきた、ただ中々点数に繋がっていないという人に、勧めたい参考書は現代文 キーワード読解という参考書になります。

現代文キーワード読解の使い方【国語:参考書】の紹介・使い方記事はこちらから

現代文の解法 読める!解ける!ルール36の使い方]

1.第1章と第2章の「読み方」の部分を読んでいく。

文章読解が出来る人はどういったことを意識しているのか、初見の文章を見たときにどのようなところに意識を向ければいいのかを読みながら学んでいきます。
第2章の評論文の読み方の項目には一つのテーマが終わるごとに短文を使っての練習問題が付いているので、必ず解いてください。

2. 第4章の演習問題を解く

第1章・第2章でインプットした「読み方」を実際に使って解いてください。
解くのは評論文の問題のみで問題ありません。

3.普段の現代文演習の中で「読み方」を実践していく

何よりもこの参考書に書かれてある「読み方」を定着させることが大切です。
普段の現代文演習の中でこの参考書で得た「読み方」を何度も実践し、つまずくごとに
第1章・第2章に書かれている内容を読み返すようにしてください。


[現代文の解法 読める!解ける!ルール36使用上の注意]

習熟の目安:6週間

最初の1か月で1週し、残りの2週間で2週するのが理想です。

使用法の注意:例題を使用しながら「読み方」の解説がしてあるので、説明を読む→例題を解くという流れで進めます。全4章の構成なので、1週間で1章のペースで行います。

毎週末にその章の復習をきちんと行うことが非常に重要です。また、参考書で出てくる「ルール」をきちんとマスターしながら進むこと。例題も解きながらやること、が大切です。

評論9つ、小説3つが文章題としてありますが、自分の行きたい志望校に小説の問題が出ない入試形式であれば小説の3題はやる必要はありません。

※忘れないように何度も反復する参考書です。

現代文の解法 読める!解ける!ルール36をAmazonでみる

他にも、現代文の参考書や勉強法が知りたい方へ!

【大学受験】独学でも成績が上がる現代文の勉強法とおすすめ参考書

【現代文】おすすめの参考書、勉強法、レベル、何周すべき?を徹底解説

【現代文】記述式問題の対策法、コツ、おすすめの参考書を紹介

【大学受験】きめる!センター現代文の具体的な内容・勉強法って?

【大学受験】おすすめの現代文の勉強法、参考書、問題集を、そしてハリー紹介しよう

大学受験における現代文の文学史とは?勉強法を解説

大学受験ならスタディチェーン!おすすめ記事ランキングトップ5

人気記事1位
大学受験は「独学」が最強の勉強法であると言われる理由とは?

大学受験で、授業時間よりも4倍以上多い、独学での自習時間。その時間をどう使うかが合否を分ける大きな鍵になります。誰にも教わらない、独学を超効率的に勉強するコツや自習時間の使い方を紹介!

⏬詳しくはこちら

https://blog-studychain.com/introduce/juken-self/embed/#?secret=E3AeMl1PMH

人気記事2位
勉強計画の立て方がわからない人必見,挫折しない勉強計画の立て方

実は誰も教えてくれない大学受験の勉強計画の立て方。合格した人と落ちた人の違いは計画性にあった!?計画崩れ、挫折しない、自分にあった勉強計画の立て方がわかる!

⏬詳しくはこちら

https://blog-studychain.com/introduce/plan/embed/#?secret=z4M2AGWk0v

人気記事3位
【大学受験】独学で偏差値をUPさせ志望校に合格する勉強法

大学受験で塾に通わず、独学で偏差値をUPする方法はここにあり!!独学で現役東大合格した人の考え方や、独学を有効活用して効率よく偏差値を上げるコツを具体的に徹底解説!!

⏬詳しくはこちら

人気記事4位
高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての受験生に向けて

受験まで1年を切った高3生へ、今からやれば志望校へ逆転合格は全然可能です!志望校とのレベルに焦ってる高3生や模試の判定がよくない高3生へ、逆転合格するには何が必要かを徹底解説しちゃいます!

⏬詳しくはこちら

人気記事5位
高1、高2のための大学受験の必勝合格戦略│大学受験合格を目指す勉強法

難関大学を志望している高1、高2へ、今から確実に対策して大学受験、志望校に現役合格する方法を教えます!現役東大合格者は高1、高2の頃からどんな勉強をしていたのか、何をすればいいのか徹底解説!

⏬詳しくはこちら

高1、高2のための大学受験の必勝合格戦略│大学受験合格を目指す勉強法

関連記事

  1. 【大学受験】現代文(評論、小説)の勉強法、参考書を紹介

  2. 東大生が英語の長文読解のおすすめ参考書を徹底解説

  3. 【偏差値別】現代文おすすめ参考書と問題集を徹底紹介

  4. 【大学受験】センター、共通の地学の勉強法と参考書を徹底解説

  5. 【大学受験】きめる!センター現代文の勉強法って?

  6. 東大生が大学受験の現代文の勉強法、参考書を解説

次へ
  1. コーチング塾の値段、料金はどれくらい?

    受験勉強の不安への対処法を紹介!【大学受験】

  2. 勉強計画の管理におすすめの無料アプリ6選!【大学受験】

  3. 全受験生に贈るやる気をあげる名言50選!【大学受験】

  4. 【大学受験】古文のおすすめ参考書を現役早大生が紹介

  5. 勉強計画を立ててくれるコーチング塾の紹介

  1. 大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説

    超効率的な勉強計画の立て方!東大生が徹底解説【大学受験】

  2. 英語のおすすめの参考書を東大生が紹介!【最新版】

  3. 【大学受験】おすすめの英文法の参考書を偏差値別に紹介

  4. 早稲田生,慶應生が紹介する早慶受験にオススメの英単語帳

  5. 【大学受験】独学で偏差値をUPさせ志望校に合格する勉強法