【定期試験対策】定期テストで地理9割を取る勉強法を解説

次へ
次へ

こんにちは!偏差値35から阪大早慶に逆転合格したペンギンです!

スタディチェーンで受験指導をしていて、担当生徒は京都大学法学部,教育学部,慶應商 、早稲田政経 、北海道大教育、大阪大経済に合格しました!

 

早慶、旧帝大など難関大志望の受験生向けに勉強法,計画,受験戦略について発信!

地理の定期テスト、定期試験で高得点(9割)を取るための勉強法、定期テスト対策の勉強計画を徹底解説します。レベル別に定期テスト対策及び文野別に解説をしています。定期テストを受験勉強の偏差値UPにつなげるためにもぜひご覧ください。

目次

【定期テスト対策・地理】定期テストで9割を取る勉強法

「テスト範囲は広いし、予習と復習に追われて時間が回せない、、、」
「テスト勉強の進め方がわからなくて不安です。」
「地理は興味持てないし全然進めることができない」

このような悩みを抱えている中学生、高校生も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は地理の定期試験で良い点数を取る方法をご紹介します。

社会科目に関しては、学校の定期テストの勉強で得た知識がそのまま大学受験の勉強でも生きてきます。暗記科目がしんどいという人もここでがんばることで、テストでいい点数を取れるだけでなく、受験勉強でも優位に立てるという意識をもって取り組みましょう。

定期テストの地理で高得点を狙うための勉強法

高校の授業では、授業スピードが速く、深い知識が求められます。

そのため、自己流の勉強法だと定期テスト対策がうまくいかないこともあります。今回は、定期テストで高得点を取るために効果的な勉強法を紹介していきます。

テスト勉強は2週間前に始めよう!

テスト対策に必要なのは、何よりもテスト勉強の時間を確保すること。
一番いいのは、2週間前から始めるのが効果的です。テスト対策としてやるべきことを考えると少なくとも2週間は必要です。

実際に中間テスト、期末テストで確実に高得点をとる成績のいい人の多くは、テスト勉強に2週間かけています。。


しかし、部活動が、活動停止になるのは1週間前や、なかには3日だけという部活もあります。そういう人はテスト勉強と部活動の期間が重なってしまうことになりますが、それを不利だと考えるのも、困難だからこそ絶対やってやるぞ、と考えるのでは結果も変わってきます。

地理の定期テストの思わぬ落とし穴には気を付けよう

地理には思わず見逃してしまうような落とし穴が存在します。

それは、他の社会科目と比べ地理という科目は暗記量がすくないことです。

なぜ暗記量が少ないかというと「常識」でわかってしまう範囲が多いためです。たとえば、人口が最も多い国が中国で二番目に多い国がインドであることは誰でも知っているし、石油の生産がサウジアラビアなどの中東で多いことも誰でも知っているのです。

その代わり、地理では思考力が問われます。

思考力が問われるということは、暗記をする量が減るという反面その場その場での対応力、元から持っている知識の量、柔軟な考え方が試されるというわけです。

そのため一夜漬けをした状態でテストに臨み、眠気で頭が回らず思考力を試されている問題が解けないなんてこともあるかもしれません。それは一番避けたいことです。

地理の定期試験で高得点を取るための勉強法4つのポイント

自分の現在地の把握とゴールまでの距離を把握すること

試験に直結する情報をあらゆる角度から集める

試験に直結する情報を徹底的に集めましょう!

試験についてなにも知らなければ、なにをどれくらい勉強すればいいか、どこが出題されるのかなど具体的な部分がわかりませんよね。

そこで試験に関する情報を集めると、自分がやるべきことが具体的になります

「ここテストで出す」と先生が言っている場所があるならそこは絶対にやるべきですし、ここは出題しないと言っていたならそこまで重点的にやる必要はないでしょう。

教科書やプリントの「資料」を忘れないように!

教科書やプリントには、どのページにも写真・分布図・統計グラフ・地形図などがたくさん載っています。これらを資料といいますが、実は「資料」に重要事項が凝縮されているのです。

略図から地形の名称を問われたり、雨温図を見て気候区分を問われたりする問題は決して少なくありません。

各地域の特徴や様子、貿易や経済の状況などを資料から読み取れるよう、日頃から資料に慣れておきましょう。

地理の定期テスト対策で絶対やってはいけないのは地図帳の存在を軽視すること

また、地理では地図帳も重要な資料です。教科書に出てくる地名は必ず地図上で位置を確認したり、統計の上位3か国の位置を押さえたりと、活用法はいくらでもあります。

定期テスト対策としては、教科書・地図帳・授業ノートのすべてを照らし合わせながら、学習内容を丹念にチェックしていくのが効果的です。

次へ 次へ

テスト本番の時間配分では思考力が試される問題があることを意識する

上記で述べたように、地理の定期考査では思考力を試してくる問題が出る場合があります。

その形の問題が出題されるかどうかは、テストを作成する先生が前もって教えてくれたり、過去のその先生の作成したテストをみるとわかったりします。

もし、思考力を試される問題が出されているのであれば当然のことながらその問題を念頭に置きながらテストの時間配分を整えるべきです。問題によりけりですが、最低でも10~15分は残しておくと時間に対する焦りがなくスムーズに問題を解くことができるかと思います。

他にも、地理の参考書やおすすめ勉強法が知りたい方へ!

【大学受験】地理一問一答の正しい選び方とは?勉強法も徹底解説

⏬詳しくはこちら

【定期試験対策】定期テストで地理9割を取る勉強法を徹底解説

⏬詳しくはこちら

【大学受験】地理の勉強法は?おすすめの参考書・問題集って?

⏬詳しくはこちら

【地理】系統地理と地誌の勉強法は?どっちから?参考書問題集は?

⏬詳しくはこちら

大学受験、社会科目の選び方とそれぞれの勉強法を解説

⏬詳しくはこちら

大学受験ならスタディチェーン!人気記事ランキングトップ5

人気記事1位
大学受験は「独学」が最強の勉強法であると言われる理由とは?

大学受験で、授業時間よりも4倍以上多い、独学での自習時間。その時間をどう使うかが合否を分ける大きな鍵になります。誰にも教わらない、独学を超効率的に勉強するコツや自習時間の使い方を紹介!

⏬詳しくはこちら

https://blog-studychain.com/introduce/juken-self/

人気記事2位
勉強計画の立て方がわからない人必見,挫折しない勉強計画の立て方

実は誰も教えてくれない大学受験の勉強計画の立て方。合格した人と落ちた人の違いは計画性にあった!?計画崩れ、挫折しない、自分にあった勉強計画の立て方がわかる!

⏬詳しくはこちら

https://blog-studychain.com/introduce/plan/

人気記事3位
【大学受験】独学で偏差値をUPさせ志望校に合格する勉強法

大学受験で塾に通わず、独学で偏差値をUPする方法はここにあり!!独学で現役東大合格した人の考え方や、独学を有効活用して効率よく偏差値を上げるコツを具体的に徹底解説!!

⏬詳しくはこちら

人気記事4位
高3生向け逆転合格の必勝戦略|すべての受験生に向けて

受験まで1年を切った高3生へ、今からやれば志望校へ逆転合格は全然可能です!志望校とのレベルに焦ってる高3生や模試の判定がよくない高3生へ、逆転合格するには何が必要かを徹底解説しちゃいます!

⏬詳しくはこちら

人気記事5位
高1、高2のための大学受験の必勝合格戦略│大学受験合格を目指す勉強法

難関大学を志望している高1、高2へ、今から確実に対策して大学受験、志望校に現役合格する方法を教えます!現役東大合格者は高1、高2の頃からどんな勉強をしていたのか、何をすればいいのか徹底解説!

⏬詳しくはこちら

関連記事

  1. 定期テストの世界史で高得点(9割)が取れる勉強法を解説

  2. 【定期テスト対策】日本史で満点を取る勉強法、問題集

次へ
  1. 勉強計画を立ててくれるコーチング塾の紹介

  2. 大学受験は「独学」が最強の勉強法である理由とは?

  3. 大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説

    超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説【大学受験】

  4. おすすめの大学受験の英語の参考書50選一覧

  5. 大学の入学式、服装は何がいい?スーツ、カバンどこで買う?

  1. 大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説

    超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説【大学受験】

  2. 英語のおすすめの参考書を東大生が紹介!【最新版】

  3. 【大学受験】おすすめの英文法の参考書を偏差値別に紹介

  4. 早稲田生,慶應生が紹介する早慶受験にオススメの英単語帳

  5. 【大学受験】独学で偏差値をUPさせ志望校に合格する勉強法