大学受験で使う英検はいつ取れば間に合う?期限は?勉強始めるタイミングも解説!

次へ
次へ

こんにちは!英検コーチ塾長の竹本です!

オンライン英検コーチング塾、「英検コーチ」で社会人や受験生の最短での英検合格を支援しています!

 

英検の取得を目指して努力している社会人、受験生向けに英検の勉強法,計画,受験戦略について発信しています!

最近の受験では英検、TOEICやTEAPなど英語の資格を持っておけば受験が有利になることがあります。その中でも受験生は英検は取れば大学受験の利用に間に合うのかの期限をいつから勉強し始めるべきかも合わせて英検の級別に英検準一級保持者が徹底解説していきます!

大学受験で英検は使えるの?

先ほども述べたように英検が絶対に必要または英検を所持することで受験で優遇されることがあります。大学受験においてどのような大学で優遇されるのかやどんな受験方式で有利になるのか徹底解説していきます!

大学受験の推薦入試で英検は大活躍する!

推薦入試にも公募やAO、指定校と色々とありますが特に周りの他の受験生と差をつけなければならない公募そしてAO入試には外国語資格として英検がとても効果的です。

理由としては試験官や学校の先生方は基本的に英検の存在はよく知っていますし、英検は昔から学校教育に浸透しているのでぱっと見で他の受験生と差をつけれるからです。それに加えて対策も単純なので大学受験の推薦の時期にも間に合うのです!

私立だけでなく国公立大学の一般入試でも英検は活躍する!

私立の上智大学や東京理科大学などの私立難関校で英検は活躍します。例えば上智大学では英検を取得することで入試科目をさらに減らして大学受験に挑むことができますし、東京理科大では英検を所持することでより多くの受験方式を利用できます。

そして国公立大学でも英検は利用できます。旧帝国大学の一つである九州大学でも一部の学部は英検は利用でき、共通テストの英語が満点扱いになります。実際国公立大学の半数以上の大学が英語の試験を利用しています!

鹿児島大学や広島大学の医学部では英検を所持していると二次試験の英語が満点扱いになり英検の資格がとても優遇されていることが見て取れます。英検の取得が出願時期に間に合うことでより受験する大学の幅が広がりますね。ただし、受験勉強をしながら英検を取得するのは意外と難易度が高いので、ぜひ次の大学受験にいつまでに取れば間に合うかをしっかりと読んだ上で計画を立てましょう。

英検は大学受験にいつまでに取れば間に合う?使える期限は?

これまで述べてきた英検の試験形態や仕組みそして英検の期限について最新の情報も含めていつまでに英検を取れば大学受験に間に合うのか解説していこうと思います!ただし、各大学の学部ごとまでにしっかりと調べないといつまでに英検を取得すれば間に合うかは変わってくるので、その点は注意が必要です。

英検の試験は形式によって間に合うかどうかが変わる?

大学受験で用いる英検にはスコアを重視する大学と所得級を重視する大学があります。前者では例えば二級でハイスコアで合格すれば準一級程度の英語力を認めるなど大学によって変わってきます。

最近では英検の試験様式も変わっており、形式によって大学受験に間に合うかどうかが変わってくるのでその点も含めて紹介していきます!

従来型の英検の試験

年に三回(6,10、1月)に一次試験が開催され二次試験がその翌月に開催される試験です。そのため、今この記事を読んでいるタイミングが4月、8月、12月の人はいつから勉強するのかや英検の勉強法について考えていた方が良いでしょう。

新型方式の英検の試験

新型方式も従来型もありますが、それぞれ大学受験に間に合う以前に使えるか使えないかもしっかりと確認しておきましょう。

年に三回行われるのは従来型と同じ。しかし四技能全ての試験がパソコンで行われます!

そして各級の点数と合格正答率は下記のようになります。

  • 1級  各850点 850×4技能=3400点満点  合格点:(R/L/W:2028点,S:602点)
  • 準1級 各750点 750×4技能=3000点満点  合格点:(R/L/W:1792点,S:512点)
  • 2級  各650点 650×4技能=2600点満点  合格点:(R/L/W:1520点,S:460点)
  • 1級  R/L/W:2028÷2550=約80% S:602÷850=約71%
  • 準1級 R/L/W:1792÷2250=約80% S:512÷750=約68%
  • 2級  R/L/W:1520÷1950=約78% S:460÷650=約70%

英検が使える期限は?いつまでなら間に合う?

大学受験で使う英検には期限が存在します。英検が大学受験で使えるのは大体二年間とされ、ですので高校一年生で英検を頑張っても大学受験には間に合いません。つまり、高校1年生で英検をとっても使えないのです。高校三年生になるまでに英検が取得できれば大学受験に間に合うことができます!

しかし、英検のスコアはおおはばに落ちたりすることはないので高校一年生から英検の勉強をしていれば難なく高校二年三年で自分の必要な級やスコアの取得に間に合うでしょう!

大学受験の外国語資格で英検がおすすめの理由!

外国語資格にはいろいろな試験があります。その中でもなぜ大学受験に英検をおすすめするのか詳しく解説していきます!

英検は点数評価なため一番合格しやすい!

英語の試験にはよく点数評価と相対評価があります。前者はその試験の採点基準を踏まえて合格点を突破しているかどうかです。

後者は他の英検を受験している人の問題ごとの正答率などを考慮した上で採点がされます。そのため友人と正解になった問題数が同じでも一人は落ちて、もう一人は受かるというケースが存在します。

その点で英検は点数評価で採点が行われるので、努力がそのまま結果に現れやすいです。合格点が予想でき、過去問演習をすればするほど成績があがるので、いつから勉強すれば英検の合格に十分間に合うのか計画が立てやすいです。

英検は一年に何回も受験可能!

英検は高校や中学で定期的に受験の案内が届きます。TOEICやTEAPの試験は自分で日程を調整して受けなければならないです。ただし、英検を受ける際は先ほど紹介した期限に気をつけましょう。

それに加えて英検は自分の自宅の近くや所属学校で気軽に受験できることも強みの一つです。学校によっては英検の対策をしてくれる学校もあるのでぜひ活用してみてください。

英検が大学受験に間に合うのはいつまで?

英検はいつまでに取れば大学受験に間に合うの?と疑問に感じている人も多いと思います。先ほども述べたことよりもより詳しく大学受験に英検が使える期限について解説していきます!

英検は高校三年生の11月までは大学受験に間に合う

英検はいつまでに取れば大学の出願資格として間に合うのかが疑問で英検の受験を迷っている人もいると思います。

英検を大学受験の出願資格に使うのは二級または準一級だと思います。まずは英検二級についてですが英検の出願資格として推薦に間に合うのは高3の第一回、一般入試に間に合うのは第三回となっています。

一般入試の人は他の教科との兼ね合いもあるのでできれば第二回までに取得しておきたいですが最悪第三回でも出願には間に合うことができます。

英検準一級の合格が大学受験に間に合うためにはどうすればいい?

高校範囲を完全に逸脱した英語の範囲を行う英検準一級。大学受験では私立の推薦入試などで英検準一級は有効になりますが、英検準一級を間に合うにはどうすればいいのか悩んでいる人も多いとおもいます。

そこで英検準一級レベルの資格としてTOEICのダブル受験をおすすめします。TOEICは対策次第では英検準一級のレベルを簡単に突破できます。

英検準一級の資格に間に合うためにはTOEICのダブル受験がかなり効果的になります。どちらかが間に合うことができれば大丈夫なので英検の資格が間に合うにはTOEICも必須ですね。

英検はいつから始めれば間にあうの?

英検の勉強を始める時期は人それぞれですが、英検コーチの講師陣が考える英検の勉強を始めるベストな時期を大学受験で英検を利用したい高校二年生、高校三年生そして浪人生に向けて解説していきます。

英検の本番に合格できるレベルまで自分の英語力が間に合うタイミングとはどういうことかと言うと、2〜3週間しっかりと英検の勉強をすることをベースにした時に、語彙力や文法、長文読解はどれくらいできるのかという点で決まります。

英検準一級は何カ月で間に合う?

英検を準一級を受験する人たちは大抵が英検二級を合格した後だと思います。英検二級からはほとんどの文法問題は変化しません。

では、何が変化するのかと言うと圧倒的な単語の難易度です。準一級で出題される単語の難易度は大学受験の範囲を超えており、普段絶対に目にしないような単語ばかりです。そのため、受験生は受験勉強で使うシステム英単語やターゲット1900などの単語帳をどれだけ勉強しているかで何ヶ月で間に合うかは大きく変わります。

英検準一級の合格にはまず英検二級レベルの単語と文法が身についていることが前提となります。その上で単語に注力する必要があるので二カ月を目安に目標をたて勉強計画を立てれば間に合うでしょう!

英検二級は何カ月前の勉強で間に合う?

大学の優遇関係なく多くの高校生が英検二級までは受けると思います。英検二級は大学受験の範囲に含まれるので英検の勉強と並行して受験勉強をしていることになり、一石二鳥と言えるでしょう。

大体高校二年生や高校一年生を中心に取得すると思いますが、英検準一級と違い単語のレベルが段違いで高いわけではないので文法やライティングをしっかり対策すれば最短で一カ月で合格に間に合うでしょう!

ただし英検の勉強を始めるべきタイミングは個人差があるので、一度英検の過去問を解いてみてからいつから勉強すれば間に合うのか自分の手で考えることが大切です。

英検二級の合格に一カ月で間に合う勉強法

英検二級に一カ月で合格できますかと言う質問を多くいただきます。結論を言うと英検二級は一カ月で間にあうことができます。英検二級の合格に一カ月で間にあう勉強法を紹介していきます!

一カ月の勉強計画を立てる

英検二級の勉強を始める前にまずは一か月間の勉強計画を立てましょう。英検二級はある程度の習熟度があれば簡単に合格できます。

英検二級の合格が間に合うかどうかはすべて勉強計画にかかっていると言っても過言ではありません。英検二級の合格が間に合う人は闇雲に勉強はしません。

ですので本気で英検二級の合格に一カ月で間に合うためには英検二級の受験日までの勉強計画は欠かせません。

合格に間に合うためにライティングは必須

英検は四技能すべての配点が同じです。その中で最速で合格に間に合う勉強で一番効率がいいのはライティングなのです。

英検二級のライティングは型を理解し問題に慣れてしまえば、とても点数が取りやすく英検二級の合格に間に合うことが可能です。それに加えて英検二級のライティングは一カ月間で急成長するのでまだ全く英検の勉強をしていない人も間に合うかもしれません。

英検二級ンもライティングを制覇することができれば他の三技能もある程度身につき合格に間に合う確率は高くなるでしょう。

英検には何ヶ月前からの勉強で間に合う?

結論として、英検の勉強は2ヶ月前から少しずつ始められていると間に合う可能性はとても高いです。学校の定期考査や模試などのタイミングと重なることがおおいですが、英検の勉強を1ヶ月前からだと間に合うとは100%言い切れません。

ただ英検は大学受験と違い出題傾向があながち予想できます。そのため対策が練りやすいです。英検に最短で合格するための勉強法の秘訣をいつから勉強すれば間に合うのかを合わせて三つ紹介します。

英語の基礎基本の知識が合格に間に合うカギ!

英検三級からは英語の基礎基本が身になっていないと全く話になりません。と言うのも、ライティングにもリーディングにも文法の知識は不可欠で英語の文法や語法が心配な人は網羅系の参考書(ネクストステージやヴィンテージ)を使うのもよいでしょう!

そのため、英検の勉強には単語や文法がどれくらい備わっているかで勉強スタートのタイミング大きく変わるため、いつから勉強すれば間に合うかは個人差があります。

英検は問題量も多いので基礎基本がしっかりできていれば少々単語がわからなくても今までの知識で二択まで絞れ、合格に間に合うでしょう!

英検の参考書選び次第で勉強のタイミングが変わる?

英検の受験を決意し書店に行けばきっと想像以上の英検の参考書がおかれているでしょう。その中でこれがいいと踏んだ参考書が自分に合わなかったら嫌ですよね。

英検は参考書を併用すれば結果的に合格にも間に合うし、大学受験にもしっかり生きてきます。ただし、自分にあったレベルと最も効果的な参考書を効率的なスケジュールでできないと英検本番までに十分な学習が間に合うとは言い切れません。

英検の参考書については個々の記事で紹介しているので是非参考にしてください!

英検はダブル受験もあり!?

英検はダブル受験と言い違う級をを違う日程で受験することができます。二級は余裕で間に合うと思うけど準一級に挑戦したい!と言う人などはダブル受験もありだと思います!

しかしダブル受験は二日にわたる疲労とそれまで学校や大学受験の受験勉強と英検を両立させないといけないので相当な覚悟が必要と言えます。

英検にいつから勉強すれば間に合うかなどの英検の勉強ついてや大学受験の質問については英検コーチで無料で相談を承っておりますので是非お気軽に相談してみてください!

まとめ

英検はいつまでに取れば大学受験に間に合うのは分かったでしょうか?せっかく高校1年生で勉強したのにまた高校2年生で取らないといけないのかと思った人もいるかもしれませんが、それは周りのライバルもみんな同じです。

また、大学受験で使えるよう英検を勉強しないといけない人は今回の記事をいつから勉強すれば間に合うのかをぜひ参考にして英検の勉強を頑張ってください!

もし英検を最短で取りたい!という人は最短で英検準一級〜準2級まで1ヶ月で取れる勉強法や勉強計画をプロの大学受験勉強中に英検を取得した経験を持つコンサルタントたちがコーチングしてくれる英検コーチでぜひ一度無料相談を受けてみることをおすすめします!

英検にいつから勉強すれば間に合うかなどぜひ相談してみてください!

次へ
【この記事の監修者】

竹本明弘。オンライン英検対策塾の英検コーチ塾長。社会人や受験生向けに英検の勉強法,計画,受験戦略について発信。webメディアでの掲載多数

 

高校で英検準一級、TOEIC860点を取得し、早稲田大学に現役で合格。「最短で英語力を上げる正しい勉強法を知ってもらいたい」という思いから英語の勉強に関する情報を発信している。

その他英検コーチがおすすめする英検の記事はこちら!

関連記事

  1. 大学受験日本史の一問一答のおすすめを比較紹介

  2. 【大学受験】日本史の文化史の勉強法、おすすめ参考書を紹介

  3. 大学受験のオンライン塾の選び方を東大生が徹底解説

次へ
  1. 英検準一級の超効率的な勉強法とスケジュールを徹底解説!

  2. おすすめの英検対策の塾10選!選び方と料金相場は?

  3. 英検準一級におすすめの参考書ランキング23選を徹底解説!

  4. 英検コーチの無料相談体験してみた!

  5. 英検に短期で独学で合格できる過去問の勉強法を徹底解説!

  1. 大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説

    半年で偏差値44上げた東大生が独学の勉強計画の立て方を解説【大学…

  2. 独学に英語のおすすめ参考書ルートを東大生が早慶などレベル別に解…

  3. 【大学受験】おすすめの英文法の参考書を偏差値別に紹介

  4. 早稲田生・慶應生が紹介する早慶受験におすすめの英単語帳

  5. 浪人生も受験生も独学で逆転合格できる勉強計画、勉強法を解説【大…

次へ