【東大生厳選!】化学の独学におすすめ参考書の最強ルートを東大生が紹介!

kagaku
次へ
次へ

こんにちは!英検コーチ塾長の竹本です!

オンライン英検コーチング塾、「英検コーチ」で社会人や受験生の最短での英検合格を支援しています!

 

英検の取得を目指して努力している社会人、受験生向けに英検の勉強法,計画,受験戦略について発信しています!

難関大学に合格したいけど化学のどの参考書を使えばいいかわからない、独学で化学をどんな参考書ルートで勉強すればいいかわからない、そんな人に向けて東大化学8割越えの私が化学のおすすめの参考書のルートをレベル別で紹介します!

目次

受験で志望校合格に一番役立つのは化学だ!

受験において、一番コスパがいい教科は化学だと私は考えます。数学や物理と違って問題に左右されることが少ないからです。パターン問題が8割を占めるため、先ほどの参考書のルートに従って勉強すれば、非常に安定して高得点をとることができます。私は化学を勉強したおかげで東大に合格することができました。受験戦争を勝ち抜きたいなら、化学を極めましょう!

逆転合格を目指す大学受験生に向けて、化学のおすすめの参考書や問題集、その参考書や問題集の特徴やレベル、理論化学・無機化学・有機化学それぞれのおすすめの勉強法といった高校生が知りたい情報について紹介していきます。

高校化学には化学と化学基礎、化学は理論化学・無機化学・有機化学に分類することができます。

今回はそれぞれの科目ごと、レベルごとにおすすめの参考書、独学におすすめの化学の勉強法を紹介していきます。合わせて化学の参考書のおすすめの選び方や活用方法も紹介するため参考にしてみてください。

化学の参考書のおすすめの選び方は?

化学のおすすめの参考書の選び方①自分のレベルにあったものを選ぶ

まず自分のレベルを把握して、自分のレベルに合った化学の参考書を選ぶことが非常に大切です。

自分のレベルに合った化学の参考書とは、2つ考えると良いでしょう。今のレベルとこれから目指すレベルです。

今のレベルは、化学の参考書をめくってみて解けそうだなと思える難易度、直近の模試や定期テストなどの結果を見て判断しましょう。

そして目指すレベルはこれから自分が辿りつきたいレベルを想像するとわかりやすいです。

これらの2つの視点から化学の参考書を2冊とも購入してステップアップしていくのもいいですし、間を取って中間レベルから始めても良いでしょう。

化学の参考書の選び方②分野別で選ぶ

理系科目がある大学を受験する方は特に、深く理解したいという方は理論化学、無機化学、有機化学それぞれで理解を深めるのもおすすめです。

よくあるのが一冊に三分野まとまっている化学の参考書がありますが、一冊に凝縮されている分、理解度が浅くなってしまうことがあります。

そのためそれぞれ詳しく説明されている化学の参考書を購入すると詳しく勉強することができ、詳しいところまで聞かれる問題でもなんなく回答することができるでしょう。

先ほど紹介した、鎌田の化学のシリーズがそれにあたります。化学の分野別の問題集を探している人がいれば、鎌田から始めてみることをお勧めします。

化学の参考書の選び方③参考書の中身で選ぶ

化学の参考書のタイプには以下のようなものがあります。

  • 知識タイプ:教科書のように暗記事項や解説を掲載しているタイプ
  • 演習タイプ:演習問題と、演習問題の解説を掲載しているタイプ

化学の参考書のそれぞれにメリットとデメリットがあり、場合によって使い分けましょう。暗記をするべきときは前者、計算問題など実践的な問題演習を鍛えるときは後者のように選ぶ必要があります

特に化学の参考書をネットで購入するときは、中身が見えにくいため参考書のタイプがどうなっているかはしっかりと把握した上で購入すると間違いなく入手することができます。

化学の独学におすすめの参考書ルートを徹底解説!

化学の対策は、高二の春から始めるのがベストです。高一までは理科を本格的に始めるよりも数学や英語を固める方がよいからです。化学は大体二つの参考書を完璧にすれば、化学の基礎レベルはしっかりと解けるようになります。

まずは、自分のレベルに合わせた化学の参考書ルートに沿って勉強して、その後、高三の冬ごろから自分の志望校の過去問に取り掛かってください。

MARCH・地方国公立レベルの化学の参考書ルート

鎌田の化学シリーズ(高二の春〜高二の秋)

この化学の参考書は講義形式で丁寧な解説がなされている参考書で、化学が苦手な人にもおすすめです。また、暗記事項がまとめられている小冊子もついており、知識が簡潔に整理されます。この参考書を終える頃には日大や、MARCHの簡単な問題は解けるようになっています。

セミナー化学(高二の冬〜高三の夏)

この化学の参考書は章の初めに分野の簡単な知識や解説が載っていて、その後の例題問題や基本問題を解いていくうちに知識の定着を図っていく問題集です。

練習問題の中には骨がある問題もあり、0から始める人でもしっかりやれば、共通テストで7、8割を安定して取れるようになります。この化学の参考書は高三の夏までに仕上げてほしい参考書です。

セミナー化学をAmazonでみる

早慶・難関国公立レベルの化学の参考書ルート

化学基礎問題精講(高二の夏〜高二の秋)

この化学の参考書はまず、簡単な例題が載っていて、精読という形でとても細かい解説が載っています。そこを重点的に読むことで、化学の知識を定着させることができます。

先ほど書いた鎌田の問題集と性質が似ているので、自分の好みに合う方に取り組んでください。

化学重要問題集(高二の冬〜高三の夏)

この化学の参考書はA問題とB問題に分かれていて、A問題は少しやさしめの問題が、B問題はかなり難しめの問題が載っています。おすすめの使い方はA問題だけを何周かして完璧に定着させます。

B問題は難しい問題もあるので全て解く必要はないのですが、自分が得意だと思う分野や、好きだと思う分野を重点的にやるのがいいです。この問題集を完璧に仕上げている頃には、化学にかなりの自信を持てるようになっていると思います。

2020実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学をAmazonでみる

国公立医学部・東大京大レベルの化学の参考書ルート

化学標準問題精巧(高二の冬〜高三の夏)

かなりレベルの高い化学の参考書です。標準と謳っている割にすごい知識が要求される問題も入っています。特徴としては、かなり問題数が少ないです。その代わり、難関大学で問われるような典型問題が厳選されています。

この化学の参考書を完璧にする頃には、レベルの高い大学の問題がほぼ全てパターン問題だと思えるようになるはずです。地方国公立レベルの大学の化学の問題はほぼ満点が取れてしまう状態になっています。

化学の新演習(高三の夏〜高三の冬)

言わずも知れた化学の受験界隈で最も難しい参考書です。問題の質ももちろんですが、問題の量もとても多くやり切るにはかなりの労力と時間が必要です。ですが、私はこの参考書のおかげで東大に入れたと言っても過言ではありません。東大レベルの大学を志望する受験生にはおすすめの参考書です。

高二の秋頃から初めて(少し先取りしていましたが)、本番直前までに5周ほどこなしました。化学の問題を見て解けない問題がないと思えるほどに自信が尽きます。受験化学で無双するなら、この一冊です!

理系大学受験 化学の新研究 改訂版をAmazonでみる

化学の参考書を使う時のポイント

化学の参考書を使う時のポイント1 問題集を回すスピードを意識しよう

化学はかなり暗記が必要とされる教科です。下の図を見てもらって分かる通り、参考書を回す時にかなりの時間をかけてしまっては記憶は定着しません。

できるだけ早いスピードで何周も解いて一冊の参考書を完璧にすることが、一番大切なことです。数学と違って、化学はいかに多くの問題を覚えるかが勝負なので、わからなければ答えを見てもいいです。

もちろん、化学の問題でわからなかった問題はちゃんと復習をして、しっかりとした理解を深めていってください。

化学の参考書を使う時のポイント2 一冊を丁寧に仕上げよう

これは化学に限らずどの教科にも通用することですが、問題集は何冊にも手を出して中途半端になるよりも、一冊をこれでもかというくらいみっちりやった方がいいです。化学の参考書を何冊も買っただけで勉強した気になっていませんか?自分がこれだと思った化学の参考書を丁寧に仕上げましょう。

化学の参考書を使う時のポイント3 知識タイプと演習タイプの2種類の問題集を活用しよう

化学の参考書には二種類あると序盤で説明しましたが、知識タイプと演習タイプの2種類の参考書があると、知識タイプでインプットを行い演習タイプでアウトプットをする、演習タイプでわからなかった部分を知識タイプで調べるという往復ができます。

化学の受験勉強をするにあたってどちらかではインプットかアウトプットが欠けてしまうため、どちらの参考書を持っていることが重要です。

化学の参考書を使う時のポイント4 理論化学から入ろう

化学の受験勉強において理論化学の知識は無機化学と有機化学を理解するために必要なものです。なので、理論化学を理解を深めれば自然と無機化学の暗記も容易になるでしょう。

このことから化学の勉強は、理論化学を優先して勉強するようにしましょう。

化学の参考書から過去問へのシフトの仕方

化学の過去問はいつから使い始めたらいいの?

化学の過去問は高三の夏か秋頃から使い始めるのがベストです。本番までに過去10年分(少なくとも5年分)は解いてほしいので、それを見越して過去問に取り掛かるのが理想です。

化学の参考書から過去問にどう乗り移ればいい?

過去問は大学がどんな問題を出すかを教えてくれるものになっています。化学の参考書を解くノリで問題を解いて答え合わせをするだけでは、過去問を50%も使い切れていません。

化学の参考書をしていく過程で答え合わせをする際はまず解答を見て自分の回答と合っているかどうかだけ、◯✕を付けましょう。もし間違えた問題があった場合はすぐに解説を見るのではなく、なぜ間違えたのか自分で熟考してみてからどうしてもわからなければ解説を見る手順にしましょう。

過去問に限らず化学の参考書を解く際にも同じ手法が有効的です。徹底的に自分の頭で考える力を付けることが大事です。

どのような形式で問題が出ているかを把握して、時間配分にも気をつけて問題に取り組んでください。化学だけでなく物理や生物と同じ時間で解かなければいけない大学は一緒に解いて本番形式の演習もしてください。

東大生直伝!やっててよかった化学の勉強法

化学を勉強する時の大前提

まず、化学は暗記教科だと割り切ることです。化学では、反応式や物の色など覚えなければいけないことがたくさん出てきます。なぜそのような反応をするのか、そのような色になっているのか。

そのようなことを考え出すとキリがありませんが、高校の化学の範囲では説明がつかないことも多いです。なので、割り切って覚えてしまうことが大学受験の化学を乗り越えるために一番大切なことです。

その中で暗記したもの同士の結びつきを意識すると非常に良いでしょう。暗記したものが繋がっていけば、自然と脳にも入りやすくなるためおすすめです。

化学の理論化学の勉強法

理論化学は問題をいかにパターンに落とし込んで、早く計算できるかにかかっています。パターン化することは、問題をたくさん解くことによってできるようになります。意外に求められるのは、計算力です。有効数字の計算をいかに早くできるかが重要です。私は理論化学の複雑な計算が絡む問題を解きあさって、通用する計算力を身につけました。

無機化学の勉強法

無機化学はたくさんの物や色や性質を覚えなければいけません。覚える時のコツは科学の資料集に載っている写真と一緒に覚えることです。化学の資料集を活用して視覚情報も同時に入れてあげることで、確実に覚えることにつながります。

有機化学の勉強法

有機化学は一番パターン化しやすい分野です。無機化学より覚えることは少ないですが、覚えることは結構あります。しかし、一度覚えてしまえば、パズルのように当てはめるだけです。つまり、パズルのパターンを覚えれば終わりです。有機化学は問題演習量が一番物をいう分野です。

化学のおすすめ参考書は?

化学のおすすめ参考書 知識タイプ 化学の新研究

理系大学受験 化学の新研究 改訂版

三省堂の「化学の新研究」は理系の大学受験生におすすめの参考書です。基礎的なことからハイレベルな内容まで幅広く収録されている参考書です。

大学受験生限らず、高校の化学の授業の補助として使いたい高校生にもおすすめな万能な参考書になります。

「化学の新研究」の特徴は、教科書や資料集より詳しく、中には高校の範囲を凌駕する内容を含む圧倒的な解説量です。丸暗記しようというより、教科書や授業で物足りない部分を補ったり、あまり理解していないポイントについて詳しく知るためのものとして扱うのが良いでしょう。

問題集の解説を見てもよく解説が理解できないとき、教科書を見ても内容がよく理解できないときなどに詳しいこの本の解説を見てみるとわかるといった、「辞書」のように活用していただくのが良さそうです。

理系大学受験 化学の新研究をAmazonでみる

化学のおすすめ参考書 演習タイプ

演習タイプの問題集は、先ほど紹介した参考書になります。自分がどの程度まで理解しているのか、どのくらい化学が解けるようになりたいのか、他の教科とのバランスも考えながら、自分に合った参考書を選んでください。

化学の共通テスト対策はいつからするべき?

共通テスト対策はどこの大学を受けるにしてもやるべきです。なぜなら、問題形式が独特で、形式に慣れておかないと、足元を掬われかねないからです。私は十一月ごろから対策を始めましたが少し遅かったかも知れないと後悔したくらいです。なので、九月ごろから共通テスト用の問題集を使って対策をするべきです。

どんな教科にも通ずることですが、 勉強しなければならない対策事項があった場合は、早めに参考書などに目を通しておき、いつから始めるべきかスケジュールを立てるようにしましょう。早めに対策を立てることで、もっと早めに対策を始めるべきだった…と後悔することは少なくなるでしょう。

共通テスト総合問題集 化学

化学の共通テスト対策で一番オススメのテキストは、河合塾の共通テスト総合問題集です。本番を想定した良問が多数収録されており、化学の共通テスト形式の問題に慣れるという点では最適の問題集となっています。

大学受験の化学の勉強は塾で学ぶ必要はある?

化学の勉強は基本的に塾に行かず独学でも問題ありません。どの科目でも独学で対策することができるので、化学も当てはまります。

化学を独学で進める場合は、勉強計画をしっかりと立てて挑むことが最重要です。共通テストや二次試験のスケジュールに間に合わなかったということがないように、計画的に進めましょう。

塾で化学を学んだ方が良い大学受験生

難関大の入試の化学で高得点を取りたい大学受験生

特に難関大学の大学受験において、入試問題の理科の配点が数英と同じかそれ以上の理系の学部・学科が存在します。

数英に不安を感じ、化学の方が得意という学生も一定数存在します。そういった大学受験生は化学で高得点を取り、数英をカバーしようと考えていると思われます。ですが、独学だけでは難関大の数英をカバーするには限界があります。

予備校に通うのは東大京大医学部レベルのみで化学は大丈夫

塾や予備校に通うことで更なる応用力をつけることが可能です。それに、塾や予備校の中には、皆さんの志望校の大学受験問題を専門として扱う講師が存在します。そういった環境で化学を学びたいと考える学生は塾や予備校に通うことをおすすめします。

独学、自学自習で化学を学んだ方が良い大学受験生

化学の場合、偏差値70以上ではなく偏差値50〜65の大学、つまり早慶以下の大学を志望する理系であれば、独学の方が効率よく効果的に対策ができると思います。化学を勉強する上で偏差値70以上の大学であれば、かなりの難易度であり、予備校の授業などの解説を受けない限り自分ではどう頑張っても理解できないということがよくあります。

ただし、早慶以下の大学を志望するのであれば、今回紹介したような化学の参考書を使って独学でも十分に対策は可能だと思います。

他にも、化学の参考書やおすすめ勉強法が知りたい方へ!

【化学】合格できる勉強法、おすすめの参考書を徹底解説

大学受験の化学の勉強法、おすすめの参考書を徹底解説!いつから始めれば良いか、何の参考書を使えば成績が伸びるのかを教えます!志望校に現役合格した先輩が教える、化学が得意になる考え方や本当に良い参考書の選び方。

⏬詳しくはこちら

【受験勉強】化学、一問一答の勉強法、使い方を解説

大学受験の化学で一問一答は必要?盲点だった一問一答の勉強法と使い方を解説しています!コスパよく大学受験の化学の成績を上げる秘密は一問一答にある!迷っている人はまずはこちらの記事を見て考えてみてください!

⏬詳しくはこちら

大学受験ならスタディチェーン!おすすめ記事ランキングトップ

人気記事1位
大学受験は「独学」が最強の勉強法であると言われる理由とは?

大学受験で、授業時間よりも4倍以上多い、独学での自習時間。その時間をどう使うかが合否を分ける大きな鍵になります。誰にも教わらない、独学を超効率的に勉強するコツや自習時間の使い方を紹介!

⏬詳しくはこちら

人気記事2位
大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が解説

実は誰も教えてくれない大学受験の勉強計画の立て方。合格した人と落ちた人の違いは計画性にあった!?計画崩れ、挫折しない、自分にあった勉強計画の立て方がわかります。

⏬詳しくはこちら

関連記事

  1. 【東大生厳選!】現役東大生が物理の参考書の最強ルートを紹介!

  2. 【必見】地理の共通テストで確実に9割をとれる勉強法を紹介

  3. 東大生が英熟語の効率的な覚え方や勉強法とおすすめ英熟語帳を紹介【大学受験】

次へ
  1. 英検準一級の超効率的な勉強法とスケジュールを徹底解説!

  2. おすすめの英検対策の塾10選!選び方と料金相場は?

  3. 英検準一級におすすめの参考書ランキング23選を徹底解説!

  4. 英検コーチの無料相談体験してみた!

  5. 英検に短期で独学で合格できる過去問の勉強法を徹底解説!

  1. 大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説

    半年で偏差値44上げた東大生が独学の勉強計画の立て方を解説【大学…

  2. 独学に英語のおすすめ参考書ルートを東大生が早慶などレベル別に解…

  3. 【大学受験】おすすめの英文法の参考書を偏差値別に紹介

  4. 早稲田生・慶應生が紹介する早慶受験におすすめの英単語帳

  5. 浪人生も受験生も独学で逆転合格できる勉強計画、勉強法を解説【大…

次へ