大学受験にかかる塾費用、受験費用を徹底解説

次へ
次へ

こんにちは!偏差値35から阪大早慶に逆転合格したペンギンです!

スタディチェーンで受験指導をしていて、担当生徒は京都大学法学部,教育学部,慶應商 、早稲田政経 、北海道大教育、大阪大経済に合格しました!

 

早慶、旧帝大など難関大志望の受験生向けに勉強法,計画,受験戦略について発信!

大学・短大受験は意外と出費が多いものです。私立大学を受験する場合、出願までにかかる費用だけでも高額です。さらに、滑り止めとしてほとんどの人が私立大学は併願受験をするためさらにお金がかかります。

意外とかかる!?大学受験にかかる平均費用

日本政策金融公庫が2018年2月に発表した調査結果によると、子ども1人当たりの大学受験にかかった費用は、国公立大学の場合が28万円弱、私立大学だと34万円弱となっています。

入学しなかった学校、つまり併願大学に支払った納付金も合わせると、国公立大学で39万円強、私立大学だと44万円弱かかっています。

願書請求、郵送、各種証明書発行にもお金がかかる

願書自体の料金は無料の場合もあれば有料の場合もあり、有料の場合300~1,500円と大学によって値段のばらつきがあります。Webサイトから請求すると取り寄せのための送料もかかります。

無料で入手したい場合は、大学や入試説明会などに行ってみましょう。ちなみに国公立大学の願書は基本的に無料です。

最近よく聞くインターネット出願(Web出願)は、紙の願書が不要なので請求費用はかかりません。

ただし、この場合も書類の提出が必要になるので、紙の願書と同じく郵送料がかかります。また高校によって異なりますが、提出が必要な書類の発行にお金がかかる場合もあります。

大学受験 受験料の目安

受験料 ※あくまでも目安の費用です

大学入学共通テスト2教科以下12,000円3教科以上 18,000円※成績通知を申込む場合は+800円
私立大学一般選抜(平均・1校あたり)35,000円※医歯薬系はさらに費用が上がる場合もある
国公立大学2次試験(平均・1校あたり)17,000

私立大学一般選抜で、受験料は平均約35,000円

私立大学一般選抜で、受験料は平均約35,000円かかります。2校受けただけで7万円、3校受けたら10万円を超えます。

 第一志望が私立大学で、ほかの併願校も私立大学の場合多くの人が3∼5校を受けることが多いかと思います。そうなってくると非常に高額になってきます。

 また、同じ大学の別学部を受けることも考えられますのが、1つの大学の複数学部を受験しようと思ったら受験する学部の分、さらに受験料が必要になってきます。 ですが、複数学部を受ける場合は「併願割引制度」があります。

一般入学試験で、同じ大学で同一試験日内の学部・学科を併願することで受験料が割引になるなど。

 また、大学入試センター試験利用入学試験において同じ大学の複数学科・方式を受験する場合、併願受験料が割引にある場合もあります。

国公立受験の場合の受験費用

国公立受験の場合、大学入学共通テストの受験料が2教科以下で12,000円、3教科以上で18,000円、その後個別の2次試験に平均約17,000円かかります。

2次試験だけで見ると私立大学よりは安価ですが、国公立・私立併願の人は、これも踏まえて計画的に出願しなければいけません。

受験費以外にも交通費・宿泊費が必要なので注意

遠方の大学を受験する場合は、さらに交通費や宿泊費も必要になってきます。

受験地までの距離によっては交通費がかなり高額になるうえ、国公立だと試験が2日にわたることが多いため、前泊を含めて2泊する必要があることも。

地方の受験生が、都市部の大学の受験をしようと思う場合、私立大学受験では1∼2週間の長期滞在で受験を受ける場合もとてもおおいため費用がかなり高額になります。

保護者が受験についていく場合は、当然その分の費用がプラスされます。試験日程や受験校の数によっては、相当な金額になることを覚悟する必要があります。

ホテルでも割安の受験生プランなどを用意していることもあるため、受験校を選ぶ際は試験日程や会場をしっかり調べて、なるべく費用を抑える工夫をすることが重要です。

受験のための費用の節約法

交通費、宿泊費、滞在費などの受験のための費用の節約法について見てみましょう。遠方の大学を受験する場合の宿泊費・交通費の節約については、「地方入試」を利用する方法があります。

「地方入試」は、大学の所在地以外の試験場で行う試験で、宿泊費や交通費の節約の他、身体的負担も軽減できます。

遠方の大学を受験する場合は、募集要項で、地方会場の有無、地方会場の場所なども確認するようにしましょう。

大学受験ならスタディチェーン!おすすめ記事ランキングトップ5

人気記事1位
大学受験は「独学」が最強の勉強法であると言われる理由とは?

大学受験で、授業時間よりも4倍以上多い、独学での自習時間。その時間をどう使うかが合否を分ける大きな鍵になります。誰にも教わらない、独学を超効率的に勉強するコツや自習時間の使い方を紹介!

⏬詳しくはこちら

人気記事2位
大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が解説

実は誰も教えてくれない大学受験の勉強計画の立て方。合格した人と落ちた人の違いは計画性にあった!?計画崩れ、挫折しない、自分にあった勉強計画の立て方がわかる!

⏬詳しくはこちら

人気記事3位
【大学受験】独学で偏差値をUPさせ志望校に合格する勉強法

大学受験で塾に通わず、独学で偏差値をUPする方法はここにあり!!独学で現役東大合格した人の考え方や、独学を有効活用して効率よく偏差値を上げるコツを具体的に徹底解説!!

⏬詳しくはこちら

人気記事4位
難関大受験に逆転合格する必勝受験戦略、勉強法【大学受験】

受験まで1年を切った高3生へ、今からやれば志望校へ逆転合格は全然可能です!志望校とのレベルに焦ってる高3生や模試の判定がよくない高3生へ、逆転合格するには何が必要かを徹底解説しちゃいます!

⏬詳しくはこちら

人気記事5位
高1、高2のための大学受験の必勝合格戦略│大学受験合格を目指す勉強法

難関大学を志望している高1、高2へ、今から確実に対策して大学受験、志望校に現役合格する方法を教えます!現役東大合格者は高1、高2の頃からどんな勉強をしていたのか、何をすればいいのか徹底解説!

⏬詳しくはこちら

関連記事

  1. おすすめのオンライン英会話7選をコスパ、効果別に徹底解説!

  2. テスト直前・受験期の適切な睡眠時間は?5時間まで削る!?

  3. 【大学受験】日本史を語呂合わせで乗り切る勉強法

  4. 化学と生物はどっちを選択するべき?メリット、デメリット

  5. 小論文対策の勉強法とおすすめ参考書を徹底解説

  6. 【大学受験】倫理政経の勉強法や科目の特徴とは

次へ
  1. おすすめのオンライン英会話7選をコスパ、効果別に徹底解説!

  2. コーチング塾の値段、料金はどれくらい?

    受験勉強の不安への対処法を紹介!【大学受験】

  3. 勉強計画の管理におすすめの無料アプリ6選!【大学受験】

  4. 全受験生に贈るやる気をあげる名言50選!【大学受験】

  5. 【大学受験】古文のおすすめ参考書を現役早大生が紹介

  1. 大学受験の超効率的な勉強計画の立て方を東大生が徹底解説

    超効率的な勉強計画の立て方!東大生が徹底解説【大学受験】

  2. 英語のおすすめの参考書を東大生が紹介!【最新版】

  3. 【大学受験】おすすめの英文法の参考書を偏差値別に紹介

  4. 早稲田生,慶應生が紹介する早慶受験にオススメの英単語帳

  5. 【大学受験】独学で偏差値をUPさせ志望校に合格する勉強法